« May 2004 | Main | July 2004 »

ほっと一息。

お昼休み。

soupたまには気分転換に外で食事もいいものですよね。
そんな時に出かけるお店のひとつが三宮のorgan。Tea Roomなんですが、お昼に軽いスープランチがあります。
キッシュセット or スコーンセットが選べて、キッシュとスープはその時々で変わりますが、この日のスープはごぼうとおくらのポタージュ。
スコーンセットだとスコーン2つ、キッシュセットだとキッシュ、それに小さなサラダ、紅茶と小さなデザートがついてきます。(できればパンがついてきたらもっとうれしいと思う私。。)

tea with milk紅茶も幾つかの中から選べるようになっていて、この日はセイロンティの中からひとつ or ロイヤルミルクティ or アイスティ。
私は迷わずセイロンティで、ディンブラにしてみました。ポットいっぱいって、いいですよね。
ほっとするポタージュをたっぷり、スコーンはさっくりタイプのプレーンとくるみ、小さなサラダに、食後はアールグレイのゼリーとムース。
ミルクティをたっぷりいただいて、ほっと一息。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

canoviano

京都のカノビアーノというイタリアンレストランでランチを頂いてきました。
もともとは東京のお店なのだけど、京野菜を使った料理に力を入れていて、去年京都・三条にお店を出されたのですが、こちらのお店と京野菜農家を取り上げた番組を見て、ずっと気になっていたのです。京野菜、美味しそうだなぁって。
とはいえ予約が取り難いお店とも聞いていたし、急遽京都に行くことになり、どこかいいお店で食事をしたいとの希望もあって、ダメモトで電話をしてみたら、早い時間ならOKとの事で早速出かけました。

インカのめざめ3,150円のコース。まずは「インカのめざめ」というジャガイモのブランマンジェ(だったかな?)これがなんとも、口当たりがとても滑らかで、味も薄味なんだけどほんのり甘味があって、上に一粒載っている大徳寺納豆がアクセントになっていて、とても美味しい一皿でした。

前菜前菜は蛸のカルパッチョだったのですが、私は蛸もカルパッチョ(=生っぽい)のもダメ。選択肢がなかったので、食べられるところだけ食べようかと思っていたのですが、オーダーの際に苦手なものを聞いてくれたので一応「カルパッチョは食べられない」と言ってみたところ、違うものに差し替えてくれました。うう、うれしい。かわりに出していただいたのは、モッツァレラチーズとフルーツトマト、ブロッコリーなどの野菜の上に生ハムがのったもの。野菜の味もさることながら、モッツァレラがとても滑らかで、生ハムもいい塩加減で、とても美味しい一皿でした。感謝。

パスタパスタは豚と冬瓜のラグー(だったかな。。記憶が曖昧でゴメンナサイー)。見た目よりこってりしてません。冬瓜ってあうのかしら、と思ったけど、やわらかいのでパスタと一緒に巻いても違和感なく食べられました。

メインメインはイサキのグリル。トマトとレモンのソースがかかっていて、下にアスパラと茄子のグリルがしいてあります。これもあっさりとしていて、特に茄子がジューシーで美味しかった。縦4つに切ってグリルしてあるだけなんですけど、中の水分がいい具合に閉じ込められていて、甘味のある茄子。

デザートデザートはバナナのスライスの上にキャラメルアイスがのったもの。キャラメルの苦味が心地よかったです。

一番印象に残ったのは、うーん、最初のブランマンジェと前菜かなぁ。とにかくジャガイモのブランマンジェはインパクトありました。「ポーションは少なめだけど、何と言っても野菜が美味しかった!」との同僚の言葉は本当でした。野菜の美味しさがダイレクトに味わえるお料理でした。もっとこの美味しい野菜たちを食べたかったよー!って思うのは贅沢?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

双海の海

何故か無性に海が見たくなるときがある。
海のそばで育ったからかもしれない。
でも、ただただぼーっと見てるだけ。
泳いだり、マリンスポーツをしたりということはしない。
今の家に引っ越す前は、海のすぐそばを通勤電車が走っていたから
行き帰りに窓の向こうの海をぼーっと眺めていたっけ。
見ているだけで心が和んで、その区間は通勤もそんなに苦じゃなかった。
今のオフィスは海のすぐ近くなのに、なかなか見に行かない。
なんでだろ。
でも近くにあるというだけでほっとする、というのはあるのかも。

太陽の下できらめく碧い海、群青色のグラデーションにはっとする海も大好きだけど、
記憶に残っているのは、電車の窓から見た、
海の青と空の青と雲と太陽の赤が微妙に混ざり合った、夕暮れの海。
どこから海でどこから空なのかわからない景色を1人ぼーっと眺めながら、
なぜか涙が出たことを思い出す。

さ、来週は頑張ろう。


(写真は別の時に撮った物です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Bagel 2度目の挑戦

2度目のBagel少し前のことですが・・・
天気の良い休日、部屋の片づけやら洗濯に精を出していたのですが、しかしあまりにも暑い・・・暑すぎる!!
何もしてなくても熱が内にこもって汗が出る。

暑いのが苦手なのでこの状態は苦しい・・・と、思いついたのが、「暑いって事は、パンの発酵にいいって事かぁ」。そして何故か暑い中、ベーグル作り2回目に挑戦したのでした。(オーブンを使えば更に暑くなるということはこの時頭になかった・・・暑かったからね、きっと)

今回は強力粉に全粒粉を混ぜてみました。あとは前回同様徳永久美子さんのレシピです。(本ではアタを使うとあったけど、冷蔵庫に全粒粉が寝ていたので)
前回より少しぷっくりして、ベーグルらしくなったかなぁと思うのですが、いかがでしょう。

食べてみても、前回よりなかなかいい感じに仕上がったのですが、でもやっぱり皮の感じや中のもちもち感がまだまだですね。それとやっぱりいきなり全粒粉というのは難しかったみたいで。

今肩~腕を痛めているので、しばらくパンは無理かなぁって思うのだけど、またそのうちチャレンジしてみます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Ann Sally

Hallelujah by Ann Sally前から気になっていた人のCDを買いました。
Ann Sally。シンガーであり心臓内科医という、2つの職業を両立させているという彼女の歌声は、本当に澄んでいて、なおかつ不思議なゆらぎというか、月夜にゆらゆらと漂う歌声という感じで、聴いていると異次元空間に行ってしまったような不思議な感覚に陥ります。

今回買ったのはライブ・アルバム「Hallelujah」。エクリュのニット模様のジャケットがあたたかいです。雨の少し肌寒い夜にはいいかもしれない。

ジャンルで言うと、うーん、ジャズやBossaというところでしょうか。でもそういうくくりを超えたところに彼女の音楽はあるような気がします。一度生で聴いてみたいな。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June

とうとう梅雨に突入してしまいました。
一年中で一番嫌いな季節なのです。
この湿気がどうも苦手で・・・おまけに髪の毛がぼさぼさになっちゃう。
早くストレートをあてに行かなきゃ。

何とかして、梅雨をさわやかに過ごすべく、
アロマを活用したり、湿気対策を考えたり・・・

さわやかな色、というのも、視覚からさわやかにという意味で
有効かなと思い、なるべく暗い色の服は避けようと思ったり。

元々青や緑が好きなのですが、時々マイブームな色ができて、気づけばその色のものばかり買っている、という事があります。
去年の私はまさにこの写真のタオルの色がブームでした。
カーディガン、ペンケース、バッグ(これはポイント的に)、ネックレス・・・

ちょうど今週ぱたさんからサイトの3周年プレゼントとして送っていただいたリッツカールトンのタオルがまさにこの色。
偶然とはいえ、好きな色のものを頂くというのはうれしいものです。
加えて手作りの石鹸も頂きました。一つは何とリッチに阿里山烏龍茶を練りこんだもの。もう一つは抹茶と卵。後者はもう少し乾かさないといけないようですが、烏龍茶の方はもうOKだそうで、さわやかな香りがします
梅雨を快適に過ごすのにぴったりですね。
ぱたさん、ありがとうございました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

フロイン堂にて

岡本のフロイン堂は、予約しないとなかなか買うことが出来ない人気のお店。
平日の夕方、運がよければ少しだけケースの上にちょこんと乗っていることがありますが、そうでなければ奥の棚のパンはほとんど予約されたもので、いきなりふらっと行っても買えることはあまりないんです。
雨の日は・・・やはり皆さん考えることは一緒なのか、残っていることがあります。
そんな時は大抵、2代目の方が新聞を読んだりしながらお店番中。

この日もそんな感じでお店番中でした。平日だけど、いいお天気のさわやかな日。
・・・珍しく、「食パンあります」の札が見え、棚の上にはパンが各種・・・思わず目をこすってしまいました。
冷凍庫にたくさんパンがあるというのに、これを見ては入らずにはいられない・・・がらがらと引き戸を開けて、ふらっと入ってしまいました。

山食食パンも、山食パン、グラハム食パンに、もう一種類(くるみか何か・・すみません忘れちゃった)、エピに田舎パンにミートパイ etc.・・・夕方にこんなことって、本当に滅多にないんです。ラッキーとしか言いようがない。

食べたことのないパンも色々あって、選び放題といっても大袈裟でないほどだったんですが、でも、不思議なもので、元気のない時って、新しいものに手が出にくい。安心できる美味しさを求めてしまう。(もちろんどれを買っても美味しいんだけど!)結局、滅多にこんな風には出会えない山食と、お気に入りの田舎パン(小)をお買い上げ。後から考えれば、あれとあれも買っておけばよかったのに!と思うのだけど・・・

田舎パン(小)ここの山食は食感が不思議。なんとも言えない不思議な軽さがあって、ふわふわしていて・・・で、トーストするとかりっ。田舎パンはレーズンと胡桃がぎっしり!

なんだかこの幸運に少しうれしくなって、お店を後にしました。少しは元気がもらえたかも・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »