« Lunch at Cafe Quatre | Main | 直接お店で買う愉しみ »

初めての歌舞伎

パンフレット今まで興味はあったけれど、見る機会を逃していた歌舞伎。
ぱたさんからお誘いをいただいて、大阪松竹座へ初めて見に行ってきました。
それも、なんとなんと、十一代目市川海老蔵襲名披露興行という、願ってもみない舞台です。(後で知ったことですが、プラチナチケットだったとか・・・)と、これを書いている今も、CMでそうめんをすすっている海老蔵様(元・新之助)。

私たちが見たのは夜の部で、4時15分開演。まずはイヤホンガイドを借りて中へ。中はかなり新しそうです。私たちの席は2階なので上へ(2階席といっても実質は4階です。)すると2階席の前のほうはほとんど男子高校生でした。どうやら学校からの観劇で来ているようです。

さて、席についてし間もなく幕が開いて夜の部がはじまりました。
夜の演目は3つ。「沓手鳥孤城落月」は秀頼と淀の君のやりとりが見所で、正気を失った淀の君を演じる雁治郎さんの演技は貫禄ものです。ストーリーの予習をしていなかったので、パンフレットを目で追いながら、イヤホンガイドの説明を聞きつつ舞台に目を凝らします。

休憩時間に出ていた幕は伊勢海老の絵。(実物はぱたさんのサイトにて!)左には十一代市川海老蔵、と書かれていて、右には伊藤園の名前が。

休憩をはさんで、いよいよ海老様の登場です。「勧進帳」は弁慶・義経の一行が安宅の関所を越える際の、弁慶(海老蔵)と富樫左衛門(仁左衛門)とのやりとりが見ものです。左手から海老蔵扮する弁慶が出てきた時の歓声といったら!周りの人も腰が浮いて、皆一段と体を乗り出して見ていました。やはり海老蔵は存在感がありますね。主役だからもちろん当然なんだけど、2階の奥の席から見ても、一段と光っていて目立っています。見得をきったり、舞を舞う時など、主役の存在感が。そして対決する富樫左衛門を演じる仁左衛門さんも貫禄たっぷりです。

この後の休憩でお弁当を。なんとなく海老が多い気がするのは気のせい?!

最後の演目は「弁天娘女男白波」。弁天小僧の強請りの場面に続いて、白波五人男(仁左衛門、海老蔵、菊五郎、菊之助、段四郎)が目にも鮮やかな着物を着て、傘を片手にあらわれ名乗りをあげるのですが、そりゃもう華やかなんてものではありません。それぞれ雰囲気も違って素敵です。

あっという間の4時間。ついつい身を乗り出して見入ってしまいました。
演目のあらすじを前もって予習していたらもっと余裕を持って楽しめたかなと思いました。
でも場の臨場感や、「○○屋!」という掛け声など、生で見る感動って違いますよね~。
初めての歌舞伎、前知識もほとんどなくて、大丈夫かなぁなんて思っていたけれど、思ったよりずっとずっと楽しかったです。とっつきにくいかなと思いきや、意外と間にアドリブがあったりで、飽きさせないです。
また機会を作って行ってみたいなぁ。まだ、という方も、是非。

(しかし、デジカメを持っていくのを忘れた間抜けな私。。>もちろん上演中は写せません)

|

« Lunch at Cafe Quatre | Main | 直接お店で買う愉しみ »

Comments

歌舞伎や狂言って、とても面白いのですよね。
特に、最近では若い女性にも大人気のようです。

8月下旬に、僕は京極夏彦の「豆腐小僧」を
モチーフにした狂言をみにいきますが、とても
楽しみです。
http://www.osawa-office.co.jp/event.html#kyogen

Posted by: ひらた | 25 July 2004 at 17:18

ひらたさん、こんばんは!
今ちょうどNHKで海老蔵襲名公演の様子と、海老蔵密着の番組をやってますが、これもなかなかに興味深いです。

妖怪狂言・・・面白そう!
どんな舞台になるのか興味深いですね。

ところで、週末は急に決まった出張で東京でしたので、昨日はひらたさんちのお近くまで行っておりました・・・ええ、あそこです(^^;。
もう感動ですっ!!よかった!!

Posted by: miya | 25 July 2004 at 23:18

めちゃごぶ?
海老蔵見るとしみじみ若者くんだったね(TV)
見てやっぱり襲名披露いけてよかったわ。ありがとう!
昨日の勘九郎さんのスペシャルも大満足で夫も夏祭浪花鑑見たい!って言っておりました。11月の神戸の勘九郎さんの演目にはあまりそそられてなかったんだけど(結構踊り中心なんだもん~)3人親子連獅子見たいなぁ。近いうちにまたチケット鳥(#^.^#)に走りそうなのでお声をかけますね!

Posted by: ぱた | 29 July 2004 at 02:39

ぱたさん、めちゃごぶです~
本当にお誘いいただいてありがとうございました!!!
テレビの特番、あれを見てると、やっぱり20代の若者だなぁって思いますね。でもあの大舞台を勤め上げる海老蔵さんはすごいですよ。
勘九郎さんのは見逃しちゃいました。
また是非誘ってくださいね♪

Posted by: miya | 29 July 2004 at 21:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Lunch at Cafe Quatre | Main | 直接お店で買う愉しみ »