« 冬の足音 | Main | 京都の秋 (2) »

京都の秋

永観堂

11月ももう後半、紅葉の季節になってきました。
奈良に引き続いてぱたさんのお車で京都へ紅葉を楽しみに行ってきました。
朝早く出かけたので、道も混雑してなかったし、駐車場も比較的スムーズに入れることが出来てラッキーでした。

まずは紅葉の名所、永観堂へ。今年は冷え込みが弱いせいか、まだ少し早いようでしたが、赤から黄色、緑のグラデーションが続いていて、それはそれでまたきれいでした。ただ、幾つも上陸した台風のせいか、赤茶けている葉や縮れてしまった葉もありました。朝早いとはいえ既に多くの人が紅葉を楽しみにやってきていました。

ボン・ボランテル・プチ・メック

そのあとは、近いので、ということで、hohoemiとボン・ボランテに寄って頂きました。あはは。どちらもお昼前とあってパンが色々あって、ボン・ボランテでは初めて山食を買うことが出来ました。1斤を2人で半分こ。パンの香りで車の中は幸せいっぱい♪折角の京都なので、どこかパンをイートインできるところはない?という事で、それなら・・・の、ル・プチ・メックへ!・・・結局紅葉とはいってもパンとは切り離せない私を笑ってください(笑)。祝日だからなのか何なのか、いつもお客さんの半分を占める外国人は1人もいませんでした。ゆで卵と小海老のカスクルートと、栗のパイ(どちらも正式名称は忘れました)をいただいてご満悦♪ぱたさんはチャレンジャー!で、ブロッコリーのプリンも食べられてましたが、お味は・・・不思議な味、と申し上げておきましょう。。。

東福寺その後近くの鶴屋吉信で甘いものをいただき、車を飛ばして東福寺へ。こちらも橋の手前で人がぎっしり!前にも進まないといった感じです。ただ橋も狭いし、この橋の上がヴュースポットなのである意味仕方ないのかもしれませんが。さらにチケット買うのに長蛇の列。すごいです。こちらも真っ赤に紅葉とまでは行きませんが、グラデーションが楽しめました。

紅と黄色と緑

|

« 冬の足音 | Main | 京都の秋 (2) »

Comments

miyaさん、こんにちは!
素晴らしい秋の京都に感動してしまいました!
ニュースでも今年の気候のせいで真っ赤にはまだならず、グラデーションが美しいってやってましたよ。
miyaさんのレポートのお陰で楽しませていただけました!
パン屋さんもとても素敵な雰囲気ですね。ブロッコリーのプリン、気になります!
一眼レフは持っていかれたのでしょうか?


Posted by: a-carl | 26 November 2004 at 11:41

a-carlさん、こんにちは。
秋の京都、少しでも感じていただければうれしいです♪
本当に今年は紅葉が遅いみたいですね。a-carlさんのお近くは紅葉いかがですか?
一眼レフはもちろん持っていきました。・・・が、なかなか納得いくものが撮れていなくて・・・まだ初めて間がないので仕方ないんですけど。でもいくつかupしようかなと思ってます。まだまだ修行中です。

PS : ところで、先ほどa-carlさんのblogにお邪魔しようとしたら、入れませんでした。。また拝見できる時になったら是非教えてくださいね!楽しみにしています(^^)。

Posted by: miya | 27 November 2004 at 20:41

うわー!綺麗ですねー!!
実は私今年はまだ京都の秋らしい秋を堪能できていないんですよ。
今日やっと紅葉は堪能してきましたが、京都ではなく滋賀でした(笑)
石山寺に行ったのですが、めちゃくちゃ綺麗でした。
一眼レフを持っていかなかったのを後悔しました。
まだブログにupできていないのですが、する予定なのでお楽しみに・・・。
また紅葉自慢したいですね♪

Posted by: ちぐさん | 28 November 2004 at 00:54

ちぐさんは滋賀に行かれてたんですね~!
石山寺、きれいだろうなぁ、一度行ってみたいんですよね。
何年か前に行ったのだけど、紅葉には遅かったので・・・

京都も紅葉にはまだ早かったけど、こういうグラデーションもきれいですよね。
今blog見に行ったらば、写真がなぜか見られなかったので、また時間を置いてみてみます♪
紅葉自慢、いいですね~。週末雨にならなければいいなぁ・・・

Posted by: miya | 29 November 2004 at 22:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 冬の足音 | Main | 京都の秋 (2) »