« 28mm | Main | On the special day... 1 »

Romeo & Juliet

日が経ってしまいましたが、先日ぱたさんからお誘いいただいて、ぱたさんのお友達と一緒にお芝居を見に行ってきました。

演目はおなじみ「ロミオとジュリエット」、しかし演出はあの蜷川幸雄さんです。それにロミオが藤原竜也、ジュリエットが鈴木杏となると、これは普通のロミオとジュリエットではないんだろうなぁと思っていました。

・・・しかし、今までお芝居を見たことはテレビでもほとんどなく、生で見るのはもちろん初めて。
ステージのセットも変わっていて、人の顔の写真がたくさんならんでいるというもの。最初から最後までこれでした。いきなり通路を役者さんが走り抜けたりで、初めての驚きというものもあり、結構早口の台詞回しだったのでついていくのが最初大変だったのだけど、徐々に慣れてきました。それにしても藤原くんや杏ちゃんがすぐ横の通路を通るのですが、いつも走っているのでゆっくり見られないのです(笑)。でも間近に見る2人の顔は、光り輝いていました。写真を改めてみると、顔立ちも何となく似ているんですよね。

後半は段々とラストに向けてストーリーが進み、演技も熱を帯びてきます。最後のほうは感動で、ついぽろっとしてしまったほど。終演後はスタンディングオベイションが延々と続き、キャストのみなさんが心からの笑顔でこたえてくれたのがとても印象的でした。やっぱり生で見るお芝居はいいなぁと思いました。

ところで、この「ロミオとジュリエット」のお話、悲恋という面がクローズアップされがちだけれど、今改めて、みんなが知っているこのお話のお芝居を見ることにとても意味があるように感じました。この愛しあう2人がこんな悲しい結末を迎えることになったのは、2つの家が対立していたから。なんだか今の世の中に対して問い掛けているような気がしてならなかったのは私だけでしょうか・・・。

|

« 28mm | Main | On the special day... 1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/2694344

Listed below are links to weblogs that reference Romeo & Juliet:

« 28mm | Main | On the special day... 1 »