« ぶらり京都 2 : 雪餅 | Main | ぶらり京都 4 : ボン・ボランテとブラウニー »

ぶらり京都 3 : 茶香房 長竹

長竹

先斗町の路地にひっそりと佇む 茶香房 長竹。
こちらも随分と久しぶりに訪れました。

入り口の戸をがらがらとあけると、以前と変わらぬたたずまい。
カウンター奥でお食事中のグループさんがいらっしゃったので、端っこに座ろうとしたら、まあまあ、そない端に座らんと、と言ってくれたので、もちょっと真ん中に座りました。
例によって何にしようか悩み、以前飲ませていただいた高台の器が素敵だったので、碧螺春とも思ったのだけど、久々に木柵鉄観音をいただくことに。奇古堂さんの茶器で出して頂いて、一口。甘さと渋みがいい具合で美味しい。聞香杯や茶海の残り香も甘く、後に余韻の残るお茶でした。

こうしてゆっくり中国茶を飲むのも随分久しぶりかもしれないなぁ、なんて思いながら(普段はマグとか蓋椀が多いので)、久々に家の茶器でゆっくりお茶を飲むゆとりを持たないと、とちょっと反省。

鉄観音茶器の写真を撮らせてもらっていたら、湯のみで「これは同じ鉄観音でも福建のやけど」といって安渓鉄観音を出してくれました。水色も緑っぽくて見た目に違うのだけど、飲むと茶葉のフレッシュな青みの中に甘味があって、これも美味しい。この湯飲みも縦長で、中に茶葉が入っているので香りがとてもいいです。

のんびりお茶を頂くうちにお客さんも入れ替わり、常連さんらしき近所のおばちゃんが遅めのお昼を食べにきて、チーズケーキについて等々ご主人と交わされる絶妙なトークに他のお客さんと一緒に大笑い。1人でカウンターに座っていても居心地の悪くない、なんともいえない空間です。オープンした頃と比べると、食事のメニューも充実していて(これも美味しいの!)お茶やさんなのか料理やさんなのか、不思議な感じなのだけど、それが何となく違和感なくお店に溶け込んでいて、このお店の懐の深さを感じさせるんでしょうか。

お店を出る頃には、お茶もまわってほろ酔い気分。

|

« ぶらり京都 2 : 雪餅 | Main | ぶらり京都 4 : ボン・ボランテとブラウニー »

Comments

長竹さん、いいなあ。真冬の京都行きたかったのですが、今回は断念だなあ。3月に行く予定があるので、miyaさんおすすめの兵庫方面のパンやさんと長竹にはよろうと思ってます。時間があれば、桂花さんをおさそいして、おいしい中華でもいかがでしょうか?(笑)
でも、まだ予定がたってないんですよね・・・。(^^ゞ>

Posted by: ひらた | 18 February 2005 at 09:06

京都に来てもうすぐ3年。まだ長竹さんに行けてません。。。
うーん、いったいいつ行けるんだろう?行きたい。。。

Posted by: てすこ | 18 February 2005 at 17:12

きゃー!!長竹さん、好きなのですよ、私も。
とはいえ、まだだいぶ前に寄って以来行けていないのですが・・・
これからは会社から近いことですし(大学からよりも近い!)誰かを接待したいですね。笑
よく考えたらしばらく中国茶を飲んでいません。
イギリスで紅茶ばっか飲んでましたし、スーパーで安いやつを買ってきたのでがぶがぶ紅茶、ですしね~
またゆっくりと茶器を使って入れて・・・っていうのもしなくっちゃ。
のんびり、のんびり。

Posted by: ちぐさん | 18 February 2005 at 19:00

ひらたさん
冬の京都、寒いけど風情あります。長竹さん、いいお店ですよね。
わぁ、3月にいらっしゃるんですね!お時間ありましたら是非ご一緒させてください♪パン情報流しますので(笑)

てすこさん
ああ、まだ行かれたことなかったんですね!今度ご一緒しませんか?お供しますので・・。お暇な時にでも声掛けてくださいね。

ちぐさん
あらためてお帰りなさい♪そうそう、マグでがぶがぶ紅茶でしょう?イギリスって。
ちぐさんも長竹さん好きなんですね。会社から近いなんてうらやましい!
そうそう、ちゃんと茶器を使ってお茶をいただくと、なんだか心がゆったりしますよね。そんなゆとり、必要なのかも。。。

Posted by: miya | 19 February 2005 at 01:09

うーん。
miyaさん、素敵♪
なんて豊かな表現力なんでしょう。
あたしのおいしーとは、かなり違う(笑)。

最近ずっと「久しぶりに『かぎろひ』に行きたいーっ」と思っていたところなんです。
この記事で更にその欲望がメラメラ。。。
明日、天満宮に行く予定なので、時間があれば行ってきます。
中国茶を頂くには、本当にゆっくり出来る時間が必要ですものね。

Posted by: あき。 | 19 February 2005 at 18:23

あき。さん
。。。ほめすぎですよ(汗)下手の横好きです、ほんと。
あき。さんの表現、私はとてもいいなぁって思います。(^^)

ところで、私もかぎろひさん、すんごいご無沙汰で、行きたい行きたいと思いながら行けてないんですよ。。。
轟さんお元気かしら。(私のハンドルでは通じないんですが)
お時間があったらゆっくりお茶してきて下さいね。

Posted by: miya | 19 February 2005 at 22:03

会社から近いとはいえども、ちょっと距離あるんですけどね。
歩いて15分ぐらいでしょうか・・・
いずれにせよ、ご一緒したいですね、また土産話とともに、なんて。
昨日久々に中国茶飲みました。
やっと鴛鴦火鍋に行けたのでお土産にココナッツ団子をお持ち帰りしたので一緒に。
蓋碗で簡単にしましたが、やっぱり紅茶とは違う味わいがありますね。

Posted by: ちぐさん | 20 February 2005 at 20:19

そうそう、それぐらいの距離って微妙ですね。。私も会社から近いのに行けてないお店がたくさんなのです。。

たまにはゆっくり中国茶いただくと落ち着きますよね。ココナッツ団子、美味しそう!
ほんと、一度ご一緒したいですよね。まったり中国茶、いただきましょう♪

Posted by: miya | 20 February 2005 at 22:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/2975296

Listed below are links to weblogs that reference ぶらり京都 3 : 茶香房 長竹:

» 京都でお茶をいただく その3 [しのわずり]
京都で夜遅くお茶を飲みたくなったときに、地元の方がまだやっていると思いますよと [Read More]

Tracked on 20 June 2005 at 00:54

« ぶらり京都 2 : 雪餅 | Main | ぶらり京都 4 : ボン・ボランテとブラウニー »