« March 2005 | Main | May 2005 »

正山小種

正山小種

ふと物思いに耽る夜。思い出したように飲みたくなって、先月京都の岩茶房さんで買った正山小種をいれてみました。

正山小種、またの名をラプサンスーチョン。その独特の香りから「○露丸のよう」なんて言われる事も多いし、苦手な人も多いようだけど、実は私はラプサンが大好き。買うお店によって香りも味も違っていて(というほど飲んではいないのだけど、以前一人ラプサン飲み比べというのをやって家族に嫌がられたことが・・・)、この違いを味わうのもまた楽しみのひとつ。

茶葉この岩茶房さんのお茶は武夷山のもので、茶葉の香りは控えめで主張しすぎないもの。元々正露丸のような香りは輸出用に作られたものだそうで、国内用の正山小種は龍眼の香りがするといわれています。以前京都のメランジェで何度か買った正山小種も後者のもので、とてもすっきりとやわらかい香りのものでお気に入りのひとつなのですが、この岩茶房さんのものは、更に香りが穏やかな感じです(ラプサン好きには物足りなく感じるかも。あ、今花粉症で多少鼻が詰まっているのもあるかもしれない・・・)。飲んでみると、その甘さが心地よく口の中で広がります。
お茶自体はあまり正山小種っぽい香りはしないので、苦手という方も大丈夫じゃないかなと思うくらい。それは私が好きだから思うだけかもしれないですね。

夜に飲むにはちょっときついのかもしれないけど、こんな夜には正山小種のような、香りでやられてしまう、でもその中にやさしい甘味のあるお茶があう気がして・・・

ほのかに漂う正山小種の香りと、お気に入りのJazzのCD、つい夜更かししてしまいそうです。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

心地よい空間

lotusroots/cafeさて、シュクレの後は梅田から歩いて西天満へ。BBSで教えていただいたギャラリーでの個展を見に行きました。外はいいお天気!歩いていても爽やかで気持ちいいです。地図を見ていて、無茶空茶さんの近くかなと思っていたのですが、無茶空茶から2・3分ほど進んだ辺りにありました。(残念ながらこの日は日曜なので無茶空茶さんはお休み。)lotusroots/cafeは築80年の町家を改装したgallery & cafeスペースだそうで、とても気持ちの良さそうな空間です。ふらりと中に入ると、左側が個展スペースになっていて、イラストや陶芸の作品が並んでいます。

gallery「歌うように 飛ぶように」というタイトルがついているのですが、鳥や植物など、ふんわりと不思議な感じの、でもそれでいて心がやわらかく和む作品たちで、明るいこのギャラリースペースにとてもあっているし、なじんでいる感じがします。そしてそれぞれの作品には文章が添えられていて、それがまたとても素敵なんです。作品からのイメージをぐーんと膨らませてくれる文章だなぁと思いました。(なのに、折角いただいたパンフレットを、カフェのテーブルに忘れてきたみたいです、私ってばまぬけ・・・)

tea & cake喉も渇いたし歩いて少し疲れたので、カフェスペースでお茶をいただくことにしました。作品のお茶碗でお茶がいただけると書いてあったのでひとつ選んでカウンターへ。アールグレイと、キャラメルのパウンドケーキをいただきました。ちょうど手の中におさまるサイズの、素敵なデザインのお茶碗で、ギャラリーを眺めながらいただくお茶はまた格別。まったりと素敵な音楽を聴きながら、ついぼーっと過ごしてしまいます。このキャラメルケーキがまた美味しかった!聞くと間にキャラメルが入っているので所々がりっとするのだとか。しっとり、かつキャラメルがいい具合に聞いていて美味しい一品でした。

gallery最終日とあってお客さんも多かったのですが、作家さんとも少しお話させていただいて、お願いして写真も少し撮らせていただいたのですが、人が多かったのであまりうまく撮れていません・・・ごめんなさい。ポストカードを買って帰りました。小さくてかわいいお皿もあったのですが既に売約済み、残念。
lotusroots/parkというのは「全てのひとたちが集う公園」というコンセプトなのだとか。中の雰囲気も和やかで、時間がゆったり流れているようで(2階にも席があるようで、のんびり本を読んでいる人も)、カフェとギャラリーの感じもよく、とても居心地の良い空間でした。

春の1日、とても気持ちの良い空間でのひとときでした。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

first anniversary

Le Sucre-Coeur今日は大好きなパン屋さん ル・シュクレ・クールの1回目のお誕生日。ちょうどお天気の良い日曜日、花粉症も昨日と違って大丈夫!うきうきと出かけてみました。

お店はお客さんで大盛況。イートインしようかなと思っていたのですが、テーブルはお祝いのお花でいっぱいでした。順番を待って、初めて見るパンなどあれこれ買って、で、ついレジ直前に追加したりして。火曜日までの4日間はハード系パンは20% off なのもうれしいですね。

お客さんが次々来られたので、レジでスタッフのお姉さんに「おめでとうございます!」とだけお伝えしました。忙しい中「これからもよろしくお願いします!」と笑顔で送り出してくださるスタッフの方々はいつもとても気持ちよくて、奥で次々パンを焼き上げるシェフ、そして美味しいパンに会いにまた行こうと思う、そんな素敵なお店です。

今日買ったパンの一部を。

le sucre-coeurプチパン系5つ。シンプルなプティパン、パン・オ・ノア、そば粉と大納言のプティパン、パン・ド・ジュール(グレープフルーツとヘーゼルナッツ)、カヌベールジュ。

pain de jourそば粉と大納言

フィユテ・シトロンフィユテ・シトロン。レモンのクリームが入ったパイで、上がキャラメリゼされています。外のパイはさくっさく、レモンクリームは心地よい酸味で美味しいです。

さくらさくら。デニッシュの上に桜の花びらが散りばめられています。見た目にも春らしくて、思わず微笑んでしまうパン。

ディジョネーズパン・オ・ディジョネーズ(だったかな?)。ソフトな生地に、粒マスタードとオリーブが効いてて、大人な味です。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

Feels like home

Norah Jones Feels like home tour パンフ

12日、大阪でのノラ・ジョーンズのコンサートに行ってきました。

あいにくこの日は小雨で、花冷えの1日。会社を早めに出て本町まで行き、小走りで会場まで向かいます。

厚生年金会館は初めて来たのですが、そんなに大きくないホールで、なかなかよさそうです。外国人アーティストは今まで大阪城ホールかフェスティバルホールでしか見たことがないのですが、彼女の場合これぐらいのサイズの会場が良くてここを選んだのかなぁと思ったのですがどうなのでしょう。(もう少し小さくてもいいのかなあ。そのほうが雰囲気が味わえそうな気がします)

会場は男女入り混じって、年齢層も色々。彼女の音楽に魅せられた層の広さがうかがえます。19:10を過ぎて開演。ノラは黒のノースリーブに、マルチストライプのスカート。最初はグランドピアノを弾きながら歌が始まります。いつもCDで聴いているけれど、やっぱり生の歌声はいい!!ついつい聴きほれてしまいます。彼女はとてもリラックスした様子で、アレンジを効かせたり、途中でMCを入れながら進みます。今まで行った外国人アーティストのコンサートだと(会場が広いというのもあるのかもしれないけど)「Thank you!」「アリガトー!」「コンバンハ」「ドウモー」ぐらいしか話さないことが多かったのですが、彼女は「みんな私の言ってる事分かってるかしら?」なんて言いながら、時折英語でですが話し掛けてくれます。横にスクリーンが2つあって、舞台の様子が映るのですが(会場はあまり広くないので珍しいなぁと思いました。でも、彼女の表情やバンドの人たちの様子が良く見えて良かった)「なんだかこんなに近くに自分の顔が映ってると変な感じね」といいながら、スクリーンを見て髪をなおすふりをしたりとか、なかなかお茶目な感じ♪

しっとりとした曲も、カントリー調の曲も、それぞれ良いです。そして Norah Jones という1アーティストのコンサートというより、Norah Jones & The Handsome Bandという1バンドのコンサートという感じで、彼女とバンドとの良い雰囲気が客席まで伝わってきます。途中からはピアノを離れて立って歌っていたのですが、彼女を囲むようにバンドの面々が演奏していて、とてもいい感じでした。

アンコール前の最後の曲では、ノラ自ら「stand up!」と促し、みんな総立ち!(・・・多分です。後ろは見なかったので)アンコールもしっとりと聴かせてくれました。 とにかく、うまく言葉には出来ないけれど、heartwarming な歌声と演奏、そして彼女のキュートな魅力が心に残った、素敵なコンサートでした。外は雨で肌寒かったけど、心があったまった夜でした。会場を出ると、向かいの公園には雨にぬれる夜桜。ノラも日本の春を楽しんでくれているでしょうか?

この2枚もお気に入りで、夜によく部屋で聴いています。

come away with meCome away with me

feels like homeFeels like home

| | Comments (4) | TrackBack (0)

桜日和

cherry blossoms at Kyoto

土曜日は朝からいいお天気!陽気に誘われて、お花見散歩を楽しみました。

まずは近所の桜並木をお散歩。土曜の朝とあって、たくさんの人がお花見に来ていました。前の夜から場所取りをしてるんだろうなぁと思しき人たちも。ご苦労様です。桜はもう本当に満開です!

sakuraその後は電車に揺られて京都へ。電車の窓からも満開の桜が楽しめます。地下鉄で今出川で降り、本当はバスに乗って哲学の道を目指そうと思ったのですが、ちょうど御所の一般公開中だったので、ふらふらと行ってみました。御所の桜はまだ満開ではないけれど、枝垂桜や濃いピンクの桜が咲いていたりで、色々な表情の桜が楽しめます。広々としているので、人は多いけれど比較的のんびり楽しむことが出来ます。

sakura
sakura

その後は御所見学。こちらも人が多いです。中には桜はあまりないのですが、御所の中へ入ったのも10年ぐらいぶりでしょうか。おまけに前に来た時の事は、左近の桜ぐらいしか覚えていないのです・・・。工事中のところもあったのですが、建物もお庭も素晴らしかったです。人が多かったのであまりゆっくり拝見できなかったのですが。

sakuraこちらの写真は銀閣寺近くの桜です。もうこの辺りも桜が満開!この辺りは人が多いのですが、元田中からケーキ屋さんに寄って歩いた小川沿いの通りは人も少なく、のんびりできます。

sakura and cakeスポーツをする大学生を横目に、桜を眺めながら美味しいケーキをいただきました。人の多い桜の名所もいいけれど、こういうのんびりしたお散歩、気になるお店を見つけたり、通りがかりの人や犬を見てほほえましく思ったり、やっぱりいいなぁと思ったのでした。

cherry blossom at kyoto


| | Comments (2) | TrackBack (1)

朝桜

sakura6

今朝は早めに起きて、桜の下を散歩してきました。

青空を期待していたのですが、カーテンを開けると曇り。それでも歩いているうちに段々と雲の向こうから薄日が透けて見えるようになりました。

桜はもうほぼ満開!朝なので人も少なく、ゆっくり楽しむことが出来ました。青空だったら申し分ないのだけど、こればかりは仕方ないですね。一眼でも何枚か撮ってみましたが、ちょっと暗いのでちゃんと撮れているか心配です。

日曜には雨が降るという天気予報なので、明日はまさにお花見日和なんでしょうね。明日も早起き?

sakura2

sakura7

sakura1

| | Comments (6) | TrackBack (0)

夜桜

cherry blossoms

ここ数日で急に暖かくなったせいか、先週末はまだつぼみだった桜も、気がつけば少しづつ咲き始め、今日帰りに見たらもう8分咲きくらいになっていました。

この辺りは桜のライトアップがあまりされていないので、写真にはうまく写らないのですが(イマイチな写真ですみません)、夜の桜は昼間と違ってまた風情がありますね。

明日はお天気も良さそうだし、早めに出かけて、一眼片手に朝のお花見でも楽しみましょうか。

cherry blossoms

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぶらり六甲~御影

やっと暖かくなって春を感じられるようになりましたね。桜もようやくつぼみが膨らんで、来週にはお花見が楽しめるかしら?なんて感じになってきました。
去年の日記を見ると、去年の今頃はもうほぼ満開だったのですよねぇ。
桜の花を見ると、ああ春だなぁとしみじみ思うのですが、数年前に花粉症を発症してからは、そのお花見すらつらい季節になってしまいました。去年は花粉も少なく、症状も大した事なかったので良かったんですけれど、今年はそういうわけにもいかず、特に今週に入ってはずるずる状態が続いています。できれば花粉を浴びる外へは出たくないけれど、なかなかそういうわけにもいかないですよね。外出の機会を減らすか、少ない日を選ぶか、完全装備で出かけるか。

今朝も朝起きたら鼻が詰まっていたので、やばいかなぁと思ったのですが、その後はそうでもなかったので、買い物の予定もあることだしというわけで、出かけることにしました。

petit bleまずは六甲のパン屋さんへ。随分前にBBSで教えていただいてたのですが、場所が分からなくてそのままになってしまってました。最近出たSAVVYの別冊に地図が載っていたので早速行ってみることに。駅から少し離れた住宅地の中にありました。中は明るくナチュラルな感じで、パン屋さんだけど雑貨屋さんのような雰囲気です。3面にパンが並べられていて、奥でパンが焼かれている様子を見る事が出来ます。思ったよりプレーンなパンが多くて、なかなかいい感じ♪悩んだ挙句色々買ってみました。


左の手前の2つが、お店の名前のついたプチ・ブレというパン。左がくるみといちぢく、右がブルーベリーで、これは天然酵母を使っているそう。家に帰って焼き戻すと、食感が良くて、特にこのブルーベリーが効いていておいしかったです。

blueberry

petit!あとこの小さな食パン!周りのパンが特大なんじゃないんですよ。とても小さいサイズに焼かれているんです。普通のサイズの食パンと同じ生地で焼かれているそうで、カナッペなどにお勧めとのこと。アイデアがキュートですよね♪

本当はそのまま電車に乗って本来の目的であった買い物に出かけるはずだったんですが、曇ってはいるけれど暖かいし、幸い花粉症の症状も(当然マスクはしてますが)ましだったので、更にてくてく歩いてみることにしました。パン屋さんから南下して、山手幹線を東方面へ。しばらく歩いていると、あちこちに見覚えのある名前を目にします。レストランにケーキ屋さん。山手幹線はどうやら誘惑の多い通りです(笑)。

METZGEREI KUSUDAさて、その先に、これもSAVVYに載っていたメツゲライ クスダを発見したのでふらふらと入ってみることにしました。外観からは想像できないのですが、メツゲライとはドイツ語で自家製ハム・ソーセージ屋という意味なのだそうです。ケースの中には色んなハムやソーセージにペースト、パテなんかもあり、サンドウィッチも数種類並んでいます。イートインできると書いてあったので、小腹がすいたことだし、サンドウィッチをいただくことにしました。

sandwichサンドウィッチはプレーンなバゲットにソーセージとピクルス、チーズがはさまれたものにしてみました。このソーセージ、良い加減に油がのっていて、プレーンなパンとよくあいます。おまけに間に挟まっているオリーブがいい具合に効いてる!付け合せのピクルスもいい酸味でおいしかったなぁ。(売ってるのか聞こうと思っていたのに忘れちゃった)サンドウィッチ以外にも、ハムやソーセージの盛り合わせやスープなんかもあり、グラスワインやドイツのアップルジュースなどと一緒にいただくことが出来るようなので、ワイン片手にというのもいいですね。

パテとハムハムやソーセージも色々種類があるので悩むのですが、とりあえずプレーンなものにし、パテ・ド・カンパーニュも買ってみました。今日のパテはドライブルーベリーとブラックペッパーのパテ・ド・カンパーニュ。ブルーベリーって珍しいですよね。食べてみると、パテは油がのっていて、ブルーベリーのほのかな酸味と、それに加えてブラックペッパーがとてもぴりりと効いていてアクセントになっていて美味しい!パンにのせていただきました。

いただいたチラシをみると、製品作りのスタイルと精神は「スローフード」だそうで、余計な物を加えず素材の味を最大限に引き出す伝統的な製法と味にこだわっているのだとか。お店の方も丁寧に相談にのってくれます。こういうお店って今までなかったような気がしますし、また行ってみたいと思わせるお店でした。

その先にはチーズのお店、カマンベールがありました。知ってはいたけど来るのは初めて。お店の中には本当に色々な種類のチーズがあって、チーズとあわせるものも並んでいます。ブルーチーズとかハード系など、欲しいものが色々あったのですが、家にもまだチーズがあるので、とりあえず一通り見てお店をあとにしました。また今度ゆっくり買いに行ってみたいです。

そこから更に川を渡って御影方面へ。アメリカンカントリー雑貨のお店や、懐かしいアラン・カスケビッチやシュヌルバールト、ビストロ・ジュエンヌに和菓子屋さんなど、ぶらぶら歩いているだけで楽しい通りです。その先にはコムシノワ ザ・ウェイがありますが(今回は中には入りませんでした)、どうやらリニューアルしたようで、通り沿いの店内にイートインのテーブルが並んでいました。ランチ使いなんかにいいかもしれませんね。ダニエルの人気も相変わらずのようです。阪急御影駅周辺はケーキ屋さんもたくさんあるので迷うところ。

いつも電車で通り過ぎるだけの場所も、こうして歩いてみると楽しい発見があっていいですね。これからの季節、ぶらりお散歩に出る日も増えそうです。花粉症さえ治まれば・・・(笑)

| | Comments (5) | TrackBack (1)

« March 2005 | Main | May 2005 »