« seigle 100 | Main | 夏の味 »

Love in a mist

love in a mist

先日出先で、種類の豊富な花屋さんの前を通りかかったのですが、その中にニゲラの姿を見つけたので久々に買ってみました。(写真があまりきれいに撮れてなくてすみません・・・)

日本では多分あまりポピュラーではないこの花、ニゲラ Nigella というのですが、またの名を love in a mist といいます。私のとても好きな花です。

実ははじめてこの花を見たのは、この上の写真の姿ではありませんでした。

dried卒業旅行で1ヶ月ほどヨーロッパを友達と旅して回ったのですが、その途中英国で、大学で2年ほど英語の授業をもっていただいた先生を訪ねて行った時、その先生の下宿先の玄関に飾られていたのがこのドライフラワー。この不思議な姿が気になって、下宿先の奥さんに名前を聞いたところ「Love in a mist というのよ」と教えてくれました。帰ってきてからずっと探していたけれど、なかなかこの花に出会えない。初めて日本で見たのは、それから随分経ったあとで、それもドライフラワーではなく、この青と白の、そしてやはり mist に囲まれた花でした。ニゲラという名前を知ったのもその時。このドライフラワーはその後、今はもうありませんが大丸の Depot で買ったものです。

ニゲラと聞くと、何となくとげとげしいイメージがするのですが、love in a mist - 霧の中の愛、という素敵な名前がこの花にはよくあっていると思います。決して派手さはなくて、ひっそり、そよそよと咲いている感じが好き。いつか love in a mist の咲いている庭を見てみたいなあ。

|

« seigle 100 | Main | 夏の味 »

Comments

おおっ、うちの母も好きな花です。横文字は苦手なのに、花の名前だと覚えられるらしくいろいろ私の知らない花の名前を知っているのだけど、確かこの花、好きだと言ってた。英語の名前のほうが素敵だね。

Posted by: tomo | 15 July 2005 at 11:06

miyaさん、こんにちは。

お好きな花がニゲラだなんて、素敵です!
この雰囲気や、このブルーは、本当にきれいですね。
miyaさんのおっしゃるとおり、ニゲラ(黒)よりlove in a mist の方が繊細な線のイメージに似合っていると思います。
英名の由来の伝説を学生時代に習ったのですが、どうしても思い出せなくて、残念です。
確か悲しいお話だったと思うのですが。

Posted by: a-carl | 15 July 2005 at 19:40

tomoちゃん
おー、お母さんも好きなのね!お母さん、お花お好きだからひょっとしたら知ってるかもとは思ったけど。なんだかうれしいです(^^)。ひょっとしてお庭に植えてるかな?
ちなみに訪ねていった先生はギー○先生なんだよ。懐かしいね。

a-carlさん
a-carlさんはお花を良くご存知だから、きっと二ゲラのこともご存知だろうなぁって思ってました。(^^)
写真がきれいに撮れてなくてちょっと残念なのですが、この雰囲気、大好きなんですよ。
love in a mist、由来の伝説があるのですか。どんなお話なのか気になります。私もちょっと探してみますね。

Posted by: miya | 16 July 2005 at 01:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/4974349

Listed below are links to weblogs that reference Love in a mist:

« seigle 100 | Main | 夏の味 »