« 残暑お見舞い | Main | ぶらり松本・上高地 2 »

ぶらり松本・上高地 1

かなり突然思い立った週末小旅行。ぱたぱたと大まかにスケジュールを立てて、出発です!

この前買った18きっぷがあるので、今回はこれを使うことに。家を朝6時半前に出発し、大阪でJRに乗り換え。18きっぷの旅、スタートです!

新快速で米原へ、名古屋で乗り換え、中津川でまた乗り換えて、松本に着いたのは午後2時過ぎ。家を出てから約7時間半です。・・・こう聞くと、そんな長旅、飛行機で海外ならかなり遠いところまでいけるのに、と思ってしまいそうですが、私電車の旅は向いているみたいで(もちろん座れたから言えることでしょうけれど)7時間半もあっという間。前の日も夜更かししていたので、途中でうとうとしたり、絶えず変化する車窓の景色に見とれたり驚いたりするうちに、着いてしまったという感じ。名古屋より先は初めて通る場所ですが、渓谷の景色もすばらしいし、塩尻駅ではホームにぶどう畑があって驚いたり、電車の中の人情にも触れたりで、楽しい普通電車の旅です。特急で通過するだけではなかなか出会えない光景かもしれません。

・・・余談ですが、初めて一人旅に出たのは大学の時。それまでは友達と近場に遊びに行く程度しかなかったのに、その時の行き先は北海道。それも周遊きっぷで丸一日電車に揺られて北海道に行ったのでした。今から思えば、我ながら(当時にすれば)大胆だけど、とっても面白い、楽しい旅でした。それと比べれば短いものです(笑)

さて、松本に到着し、改札を出ると、なにやらにぎやかな音楽が大音量で流れてます。
駅ビルの中でもこれがかかっています。松本なんとか、と歌っていますが・・・なんだか自分の中のイメージと違っていて、違和感が残ります。

それはさておき、まずはお腹がすいたので、遅めのお昼を食べることに。街中に向かって歩き始めます。

すると、街中にはちょうちんや屋台が・・・。どうもお祭りっぽい感じなので、通りすがりの観光案内所で聞いてみたらやはりそうだということ。ぼんぼん祭り、なのだそうで、よく分かりませんが、どうやらお祭りの日に来てしまったようです。(詳しくは、後ほど・・・)

取り敢えず、目指すお店がお昼は3時までだったので、早足で歩きます。途中松本城を通り過ぎるのですが、久々に見たお城、風格があります。

もときお城を越えてしばし歩くとありました。長野といえば、おそばやさん。「もとき」というお店です。(本当はもう一軒非常に行きたかったお店があったのですが、2時までで売り切れ後閉店というお店だったので、今回は縁がなくて・・・)

神社の裏手にあるお蕎麦屋さんに着いたのは3時前。ギリギリセーフですべりこみ、吟醸ざるそばをオーダー。吟醸そばって良く分かってなかったのですが、手造り石臼で30%まで挽き込んで(磨いて)作るお蕎麦なのだとか。

吟醸そばさて、出てきたのがこれです。説明のあったとおり短いお蕎麦で、色も薄くて透き通った感じ。早速口に運んでみると、なんともむにゅっとした食感が面白く、今まで食べたお蕎麦とはまた全然違う感じです。美味しい!

普段はわさびが苦手なのでつけない私ですが、せっかく長野なので、つけてみることにしました。すると、このわさびはいける!美味しい!つーんと来るけど嫌な感じではなく、ピリッとした食感が心地よくて、美味しく頂きました。やはり美味しいわさびは違うのか?!
おつゆで食べたのですが、是非塩で食べてみたい!と思う蕎麦でした。

箸袋の裏を見ると、なんと東京店もあるのだとか。
蕎麦湯もしっかりいただき、お店を後にしました。ごちそうさま。

旧開智学校お蕎麦屋さんの近くには旧開智学校という建物があるので、見に行ってみることにしました。こちらは明治6年に開校した、日本で最も古い小学校のうちの一つだそうで、和洋混交の擬洋風建築。残念ながら行った時は保存修理工事のため休館中。8月12日から再オープン予定だそうで、少しばかり来るのが早かったようです。まあ、それもまた来るための口実と思えば。

天使と龍というわけで、柵の向こうの建物を外から見るだけしかできませんでしたが、見ての通り、なんとも不思議な佇まいの建物です。天使がいて、龍もいる。まさに和洋混合。でも、なんだかお伽噺から飛び出てきたような、ミニチュアを見ているような、とても不思議な感覚でした。


|

« 残暑お見舞い | Main | ぶらり松本・上高地 2 »

Comments

ようこそ、松本へ(笑)
松本は私が1年間暮らした街です。
私も懐かしくなって昨年の夏に訪れました。
でも行ったのは大学のキャンパスと秤博物館とまるも珈琲店だけ・・・
この度、miyaさんの日記を拝見して、来年もまた行ってみようと決心しましたよ。

実は今年の夏も行ったのですが
そのときは駅前のノバでフリートークのレッスンを2時間ほど受けただけでした。
(ノバは国内のどこででもチケットさえあればフリートークが受けられます。)

松本ぼんぼんの音楽は耳につきますよね。
頭の中でぐるぐる回っている感覚わかります(笑)

Posted by: 桂花 | 22 August 2005 at 06:55

桂花さん
なんと、松本に住んでらっしゃったんですね!
松本から帰ってきてから桂花さんの日記を見たら、長野にいらっしゃったと知って、思わず書き込んでしまいました^^。長野といえば桂花さんでしたよね。
しかし、松本でもノバでフリートークとは素晴らしいです!
是非また松本行ってみて下さいね。私にもオススメ教えてください。また私も行きたいです。

あの音楽、一旦頭から消えたかと思ったのですが、何かのきっかけにスイッチが入ってまた回ります。困ったものです(笑)

Posted by: miya | 22 August 2005 at 23:36

松本は、私も1年間住んでいました。パン好きなんで、ひゃくにんぱんに行ったことが無かったことが今では悔やまれます。仕事の都合上、松本まではなかなかいけません。でも、高速バスが新宿から出ているので、休みが取れたらぜひひゃくにんぱん目指していってみたいな。ところで、ひゃくにんぱんやさんは、いつごろから松本にあるのですか?私は5,6年前にいました。

Posted by: りんご | 21 October 2006 at 12:45

●りんごさん
松本にお住まいだったのですね、とても素敵な所なので私も住んでみたくなりました。
ひゃくにんぱんがいつからあったのかは残念ながら私も知らないのですが、東京からだとアクセスもよさそうですし、機会があれば是非一度行ってみて下さいね。あのあたりはもう紅葉は始まっているのでしょうか?(終わってたりして??)
他にも松本には素敵なパンやさんがあるそうですし、もちろんパン以外でも素敵な場所なので、私もまた休みが取れたら行ってみたいです。

Posted by: miya | 22 October 2006 at 21:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/5422514

Listed below are links to weblogs that reference ぶらり松本・上高地 1:

« 残暑お見舞い | Main | ぶらり松本・上高地 2 »