« ぶらり松本・上高地 5 | Main | ぶらり松本・上高地 7 »

ぶらり松本・上高地 6

・・・右の「最近の記事」のタイトルが、すべて18きっぷの話題で埋まってしまってますね。。ぶらっと・・・とか、ぶらり・・・とか(笑)

もう少しで終わりますので、あと少々お付き合いくださいませ。。。

* * *

名残惜しさを感じつつ、バスで上高地を後にします。
次は、ゆっくり訪れよう・・・。いつの季節がいいかな?

さて、バスは来た道を戻ります。・・・が、そのまま新島々→松本へは戻りません。
もう一ヶ所、行きたいところがあるので、バスを途中の親子滝というバス停で降ります。さすがにこんな所で降りるのは私だけ。

ここでバスを乗り換えるのですが、次のバスが来るのは40分後。バス停のすぐ前には、親子滝と思しき滝がありました。見た目にもとても涼しげで気持ちよいです。しかし、本当に幹線道路沿いで、のんびり眺めるという感じではありません。今度乗るバスのバス停に移動し、付近をぶらぶらしてダムを眺めたりしていたのですが、それでも時間はまだまだ。上高地のように涼しくはないバス停でぼーっとしている間に、やっとバスがやってきたので乗り込みます。今度は乗鞍方面行きのバス。

10分ほど揺られて、学校前というバス停で降ります。ここでも降りるのは私だけ。バスを降りると、夏の田舎の景色が広がっています。山があって、緑が生い茂っていて・・・思わず井上陽水の「少年時代」が頭の中で流れました。

バス停から少し進んだところにお店の看板があったので、曲がって先へ進みます。本当にのどかなところで、緑がたっぷり!上高地と違うのは、日差しがきつくて暑いということですが、それでも風は爽やか!(この時間だと上高地も暑かったかもしれないと思いますが)

5分ほど歩いたでしょうか、やっと目指すお店に到着しました。乗鞍高原パン工房 ル・コパンです。

実は、今回突然このぶらり旅を決めたとき、上高地へ行くことは全然考えていませんでした。目的地は松本とここだったのです。このお店に来て、ついでにこの辺りを散策しようなんて思っていたのですが、ガイドを見ていると上高地が目に入り、バスの時刻表を見ていると早朝の便があって良さそう、ということで、急遽予定に組み込んだだけのことで、実はこちらが最初の目的地の一つであったわけです。あるところでこちらのお店を紹介している本を見せてもらい、その時に「行ってみたいなぁ」とふっと思ったのですが、まさかそのしばらく後に実際に行くとは思いも寄らなかったわけで・・・。

とりあえずトイレを拝借し(すいません。。。)一息つき、改めてお店へ。外には石窯がありましたが、もう(この時お昼)パンは焼いていないようでした。後で聞いてみたら、朝に焼かれているようでした。

パンを売っている建物へ入ると、たくさんのパンがお出迎えです!ホームページで紹介されているようなハード系のパンだけでなく、色んな種類のパンが並んでいます。わぁ、どれにしよう。。。と、一通り眺めていくつか選び、お店の方にもお勧めを聞いてみたところ山ぶどうが普通のレーズンとは違ってお勧めですとのことだったので、これも買ってみることに。

実はこちらはオープンカフェがあって、石窯で焼くピザが食べられるということで、時間があればこれを是非食べたかったのですが、如何せん帰りのバスが・・・約1時間あとのもう一つ後のバスでも良かったのですが、何分夏休みの週末、混雑も予想されるだろうし、なるべく早め早めに行動を・・・ということで、帰りは早めのバスを選んだわけです(A型ですので^^;)。蓋を開けてみれば、渋滞は全くなく、カフェでゆっくりして次のバスで戻っても良かったのですが。何分18きっぷなので、行き帰りにも時間がかかりますし。。。

それはさておき、ピザは断念してパンをイートインすることに。レジで少しお店の方とお話させていただきましたが(うれしいこともありました!)こちらのお店の方、どの方も笑顔がとても素敵で、こちらも気持ちよかったです。

さて、オープンカフェのピザを焼く石窯の横でパンをいただきます♪エピのような、ソーセージの入ったパン、ジューシーなソーセージとプレーンなバゲット生地が合って美味。

クリームパンと、ブルーベリーのデニッシュも食べてみました。クリームはとろりとやわらかく、デニッシュも爽やかでさくさく!爽やかな風を感じながらいただくパンの味は格別です。

このままのんびりしていたかったのですが、バスの時間があるので、後ろ髪をひかれるようにカフェを後にします。帰り際にパンの写真を撮らせてもらい、また笑顔の素敵なスタッフの方に「ゆっくりしていただけましたか?」と声をかけてもらって、気持ちよく送り出していただきました。今度は高原の風をゆったりと感じながら、熱々のピザをいただきたいな。

この日買ったパンはこちら。手前から時計回りに、石窯フルーツ、山ぶどう、蜂みつりんごです。

石窯フルーツは、レーズン、くるみ、オレンジの入ったパン。石窯で焼かれているので少し香ばしくて、素朴なパン生地とフィリングがあって、しみじみ美味しいです。

オススメしてもらった山ぶどうは、普通のレーズンよりも粒が小さいのですが、思ったよりジューシーで酸味があって、とてもいい感じです。

蜂みつりんご蜂みつりんごには、有機栽培の干しりんごと、なんと白ごまが入っているそう。全粒粉が入っているので食感もなんだかおもしろいです。

どれもしっかりとした、素朴だけど味わいのあるパンたち。材料にものりくらの天然水を使われていて、この山の自然の中で焼かれるパン、「火と水と大地の恵みのハーモニーから生まれる滋味豊かなパン」・・・まさにその通りのパン達でした。

名残を惜しみつつお店を後にし、ぱたぱたとバス停へ戻ります。山の緑の向こうには青空が広がって、蝉の声が聞こえる・・・。ああ、夏休みだな・・・。今の私には夏休みはないけれど、小学生の頃の夏休みを懐かしく思い出した瞬間でした。

|

« ぶらり松本・上高地 5 | Main | ぶらり松本・上高地 7 »

Comments

miyaさん、こんにちは。
この間は、ひらたさんちでお声かけくださってありがとうございます(*^_^*)
とても嬉しかったです。

どれも美味しそうなパンですね~!!
お土産に買われたハード系(なのかな?)のパンが特に。
こういうじっくりと噛んで味わいたいパンっていいですよね。

Posted by: ChatNoir | 22 August 2005 at 18:14

ChatNoirさん、こんにちは。
こちらにもありがとうございます!思わず懐かしいお名前を拝見して、お声をかけてしまいました。(^^*
細々とですが、1年半ぐらい前からHPをやっております。

ル・コパンさんのパン、本当に素朴な味わいで、美味しかったですよ。決して派手さはないけれど、じっくりと噛んで味わうパン、いいですよね!(最近すっかりこの手のパンにはまっているのです(^^; )
あのお店、というか、工房の雰囲気がまたよくて、美味しさもひとしおでした。

Posted by: miya | 22 August 2005 at 23:56

あぁ、素敵のオンパレード♪
ゆったりとした雰囲気の中で味わうパンは格別なんでしょうね
石釜のピザは残念でしたけど、サイズを気にしてしまいます(笑)
ここのパン達はずっしり感がある様に見えるのですが、どうなのでしょう?

読み応えのある日記で、私も夏休み気分を味わえました~ありがとうございます!
18きっぷ、使う時は相談に乗って下さいね~

Posted by: きゅーぴー | 23 August 2005 at 09:44

きゅーぴーさん
そうですね、やっぱりあの場でいただくと、また格別ですよね~。
ピザは隣に座っていた人が食べているのを見たら、結構小ぶりな感じでした。
パンはかなりずっしり感ありますね。3つ買っただけでもかなり重かったです(笑)。
18きっぷ、相談に乗りますよ~。^^

Posted by: miya | 23 August 2005 at 23:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/5574088

Listed below are links to weblogs that reference ぶらり松本・上高地 6:

« ぶらり松本・上高地 5 | Main | ぶらり松本・上高地 7 »