« delicious + pleasant | Main | 一期一会と »

Spanish

・・・dinnerの話が続きますが。

Luna Parpados は、美味しいスペイン料理がいただけるということで、前から気になっていたお店。やっとというか、訪れることが出来ました。地下のお店のドアを開けると、入ってすぐのところにバルがあり、奥がレストランになっていて、本場(って行ったことないんだけど)っぽい感じです。思ったより広い印象。

さてさて、お料理はコースを頂きましたが、単品もたくさんあり、迷ってしまいそう。
何分記憶が非常に曖昧で・・・(苦笑)その辺は何卒ご勘弁を。

前菜は、スペイン産生ハムを軽くあぶったもの(多分)に、アーティチョークのパイ。生ハムは塩味がきりっと美味しい。あぶることでうまみと塩味が引き出されているのかも。生でも食べてみたい~。パイはアーティチョークがジューシーで美味しかったです。

oliveワインと共に出てきた、オリーブの盛り合わせ。これがなかなか美味しい!特にこの左端の緑のが気に入りました。

前菜前菜。焼き野菜が3種、赤ピーマンとなすと、ねぎ。
焦げるほど焼いた野菜たちの皮をむいたものなのだとか。これもあっさり、そして焦げるまで焼いているので甘みが閉じ込められて美味しい。・・・スペイン料理ってこんなものだったの?と、イメージと違う展開に驚きつつ。

sopa de ajoスープは2種類からチョイス。これはソパ・デ・アホ=にんにくのスープ。こってりしているんだろうなと思いきや、食べてみると意外とそうでもないんですね。たまねぎとにんにくが利いていて、あつあつで美味しい。寒い時期にあったまる一皿。

これ、、だけ見ると何か分かりませんが、鴨のローストと牡蠣がこの下に隠れているんです。それを緑の・・・何だろう、ちりめんキャベツ?のようなもので巻いているのですが、これまた意外な取り合わせなのだけど、、とてもあう!この緑の葉っぱの、しっかりとした食感と青い味、そして上にのった赤い・・・なんだっけ?(笑)かぶ?の酸味とあうんですね。意外な驚きの一品。

お次は蟹とアボカドに、からすみのパウダー状(だったっけ・・・?笑)のものがちりばめられていて、ソースはトマトソースと、、、あれ、何だっけ?(笑)フェンネルだったような気が。。のソース。温かいものと勝手に想像していたら、冷たくて驚き、そしてこのトマトソースのやさしい甘さと、フェンネル?のソースのアクセントが、蟹とアボカドとからすみが良く合う!・・・スペイン料理って、こんなだったの?!と、ますます目から鱗です。

まだまだ続きます。

こちらはお魚。・・・あれ、な、なんだったっけ(笑)皮目がぱりっと焼かれていて、お魚はジューシー。これもとてもあっさりしていておいしい。きのこがまた美味しいんですよね。

そしてお肉。お肉は4~5種類から選びますが、私の選んだのはイベリコ豚のタンの赤ワイン煮込み、だったはず。。かなり柔らかく煮込まれたタンは、とろとろながらしっかりしたお味で美味しい♪もうかなりお腹がいっぱいだったので、苦しい~と思いつつ、ゆっくりと最後まできちんといただきました。
写真にはないけれど、連れが頼んだ子羊のロースト、焼き山芋添えも美味しそうでしたよ。

デザート♪お腹いっぱいとかなんとかいいながら、やっぱりデザートは別腹、というわけで。
右から、正式名称は忘れましたが、、りんごのパートフィロー包み(ぱりぱりとした食感とりんごのとろける感じがgood)、スペイン風ロールケーキ(ちょっと食感が面白い)、ガトーショコラ(一口でぎゅっとつまってます)、凝結乳のはちみつがけ(これがまた不思議な味・・・!しいて言えば、カッテージチーズに近い感じなのですが、カッテージより硬めで、なんだか不思議な食感です)、オレンジのプリン(オレンジの風味が心地よい)。

・・・こうして改めて並べると、すごいですね。お店を出る頃にはもうお腹いっぱいで苦しいほどでしたが、どれも美味しく、スペイン料理の概念(といっても私のですから非常に薄っぺらいですけども)を覆される感じの、洗練され、お野菜も美味しいお料理たち、どれも美味しく楽しく頂きました。お店の方も丁寧に説明してくださり、感じも良かったです。

今度はバルで軽く一杯やりながらタパスを、とか、パエジャなんかもいただいてみたいな。

よく考えたら、Fujiya1935もスペイン+イタリア料理のお店のようだし、期せずしてスペインに縁があったのでしょうか。スペインにはまだ行ったことがないので(大学のとき第2外国語は一応イスパニア語だったんだけど。。。)、一度行ってみたいものです。

お腹も心も満たされた帰り道。
空を見上げると、部分的に雲はかかっているけれど、星たちが いつもより強く、明るく輝いていて、できることならいつまでも見上げていたかったな。

なんだかいい一年になりそうな、とても心地よい○○回目のbirthdayの夜でした。

|

« delicious + pleasant | Main | 一期一会と »

Comments

わ~目にも美味しい品々ですねぇ!!!
最初の生ハムも艶かしくて…
どのお料理もカラフル&いい塩梅で手が加えられてる所が素敵☆
つつつ、つれてって下さい~っ

スペインも、行きたくなってきました。いいな~お勉強されてただなんて。

ところで「ミドリのん」はケッパーベリーでは?
風鳥木の花の実がケッパーベリー。オリーブに似てますよね。私も大好き♪

Posted by: きゅーぴー | 27 January 2006 at 20:48

きゅーぴーさん
スペイン料理って、こんなことになってるのね~!な、土曜+月曜でしたよ、ホントに。。
2月前半はスペインに行かれてるそうなので、帰ってこられた頃に行ってみたいなぁ。是非ご一緒しませう^^
ちなみに、イベッチのご近所さんです、ってはしごは出来ないんだけどね(笑)

ミドリのん、そうそう、そういえば何とかベリーって言ってた!(全然覚えてない…笑)そうなのか、ケッパーベリー。また一つ賢くなりました♪美味しいですよね~。

Posted by: miya | 27 January 2006 at 23:43

おいしそうですねぇ。。。
こういう素敵なお食事、もう何年もしてないなぁ。
以前は結婚記念日には、色々食べに行っていたんですが、今はまだ不可能です。
いまだ、子供をじじばばに預けてふたりで、ってしたことありません。

お魚、皮目をみるかぎり「いさき」では?と思うのですが。

Posted by: てすこ | 31 January 2006 at 21:19

てすこさん
美味しかったですよ~。ボリュームもかなりありましたし。お近くに来られる時はご案内しますよ♪
もう少し大きくなったら、お子さん預けてディナーもいいのでは?京都にもいいお店たくさんありそうですし、たまにはいいですよね。

「いさき」ですか。。昨日も連れに「○○だったのでは?」と教えてもらったのに、もう忘れてる私って。。。

Posted by: miya | 31 January 2006 at 23:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/8346604

Listed below are links to weblogs that reference Spanish:

« delicious + pleasant | Main | 一期一会と »