« 一期一会と | Main | インフルエンザの友。 »

蜜蘭香

鳳凰単叢 蜜蘭香


何故だか - いや本当は何故かは知っているのだけど - 心が騒いで落ち着かない夜。

そういうときにどうしても飲みたくなる、ラプサンスーチョン。

こんな時は少し濃い目にいれて、ジャズを聴きながら、強いスモーキーな香りで、心を煙に巻いてみたくなる。


・・・でも。ラプサンで煙が濃くなりすぎて、本当に心が見えなくなってしまったら・・・・・?


・・・一息おいて、大好きな鳳凰単叢でもいれてみようかな。
その甘い香りで、少しは現実から逃避できるかもしれない。
その香りとは裏腹な、喉を通るときの渋みで、現実に引き戻されそうだけど。

でも、今日いれた鳳凰単叢 蜜蘭香は、口にふくんでも、その香りに近い柔らかい甘さで喉の奥を通り過ぎた。単叢は飲み口が渋くてすっきりしていて、その香りとのギャップがあるのが大好きなのだけど、この蜜蘭香は違った。私に答えをくれないのは、この甘い香りが今の私にあわないからなのか、渋みが足りないせいなのか。


飲んだあとの茶杯の香りは、濃く、そして甘く。
2煎、3煎・・・煎を重ねても、濃い霧の向こうのまま。

|

« 一期一会と | Main | インフルエンザの友。 »

Comments

鳳凰単叢 蜜蘭香、わたしも好きです。
味もそうだけど、名前の響きも。
このごろ、うちではコーヒーしか飲んでいないのですが、
久しぶりにお茶をゆっくり楽しんでみたくなりました。

コメント、ありがとうございました。
思わず涙が出てきました。

Posted by: hiro | 01 February 2006 at 10:33

なんて素敵な♪
miyaさんの心の内が手に取るようにわかる…。

「答え」を急がなくても大丈夫。
きっといつか自然に…
その時に出た答えが、miyaさんにとって
ベストなものだと思うから。。。

伝えたい人には、きっと伝わると信じて…。

(あぁ…、姐さんワールドに入ってます(笑)
スイマセン~(^^;

Posted by: 姐さん | 01 February 2006 at 21:45

●hiroさん
hiroさんも好きなんですね!うれしいな。
中国茶って、名前の響きが魅力的なものが多いですよね。
最近中国茶も、マグで気軽に飲むことが多いのだけど、時間をとって丁寧に味わうのも、たまにはいいなと思います。
香りも味も繊細で、五感を研ぎ澄まされる感じ。
その余裕がなかなかないのがつらいところなんだけど。
コメント、こちらこそ!です。私まで涙が出そうになりました。

●姐さん
ほんま、姐さんワールドですな(笑)
・・・うーん、姐さんには分かりますか。
「答え」を急がなくても自然に・・・本当はそれが理想なのだけど
それだといつまでたっても答えが出なさそうで(今まではそう)
一体どうすれば答えが出るのかも分からなくて、
それがもどかしいというか・・・ねぇ、まったく。
でもこんなことで悩んでるのは自分らしくないし。。。

・・・伝わってるかな?そうだといいな。

Posted by: miya | 02 February 2006 at 12:58

お体の具合はいかがですか?
もうそろそろ回復されている頃でしょうか。

miyaさん、詩人ですね。
そんなお気持ちは、私にもなんとなく共感できます。
なんとなく・・・ですが。
答えの見付からない問いは、時間を待っているのかもしれません。
時が満ちて、初めて得られる答えもありますよね。
待っている身には辛くてたまらないのですけれど。

ありきたりの事しか書けなくてすみません。

Posted by: ChatNoir | 10 February 2006 at 19:33

●ChatNoirさん
お気遣いありがとうございます、今日からほぼ本調子に戻りました。ChatNoirさんもお気をつけて!

詩人だなんて・・お恥ずかしいです。(でもHPやblogをあとで読み返すと、良くあんなことかけたなぁと思うことしきり・・・)

でも・・・やっぱり時間を待っているのでしょうか。
・・・と本人も感じてはいるのですが。
頭で考えても分からないことって、もう時間に任せるしかないのでしょうね。
こうしてじっくりと中国茶を飲んでいると、時間の流れがゆっくり引き戻されるようで、「まあ、焦らなくても」と言われている気がするし・・・。

こんなつぶやきにコメントいただけてうれしかったです。ありがとうございます^^

Posted by: miya | 11 February 2006 at 00:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/8444045

Listed below are links to weblogs that reference 蜜蘭香:

« 一期一会と | Main | インフルエンザの友。 »