« 蜜蘭香 | Main | 冬の京都 1 - yugue »

インフルエンザの友。

この年にして、生まれて初めてインフルエンザなるものにかかってしまいました・・・。

何となくしんどいな、と思って熱を測ったらもう38.8度、高熱だと自覚の無いまま病院に行き検査の結果「A型のインフルエンザです」と言われ、、、恐る恐るタミフルを口にし、それから一日ぐらいは、のた打ち回るほどしんどかったのですが、熱も徐々に下がり落ち着きました。思ったより早く復活できたので、本人もあれ?という感じなのですけど。恐るべし、タミフル。。

病気で寝ている時の友は、テレビでも本でもなく、音楽。そして、どうしてもいつもとちょっと違ったものから選びがち。
今回のインフルエンザの友はこんな感じでした。


my fairy tale my fairy tale by noon
noon の少し甘い歌声は、いつもならちょっと甘すぎるのかなって思うのだけど、体が弱っている時って、ついいつもより甘さや優しさを求めてしまうものなのか(普段はあまりないけど)、とても心地よく響きました。ちなみに一曲目は "tea for two"。少し甘めのミルクティが似合う1枚。


hallelujah Hallelujah~Live2001-2003 by Ann Sally
柔らかい歌声、ということで、こんな時にはやっぱり外せない Ann Sally。彼女の歌声は、なんというか、空気の中をゆらゆらと漂うような不思議な感じなので、熱が出ていると一瞬トリップしてしまいそうになりますけど、それがまた心地よいのです。


joao João by Joao Gilberto
心地よい・・・といえば、ジョアン・ジルベルトの声も、私にはとても心地よいです。この一枚はお正月から何となく聴いていますが、本当に飽きなくて、心地よい。


que_falta Que Falta Voce Me Faz by Maria Bethania
こちらはうってかわって低音ヴォーカル。某所でかかっているのを聴いて気になっていたのですが、その翌日CDショップに行ったらはたと目が合ったので、これは偶然じゃない!と、即連れ帰った1枚。・・・恥ずかしながら、てっきり男性ヴォーカルだと思っていましたが、女性でした。(Mariaですもんね。。。)これも、聴いていてとても落ち着くのです・・・。


wonder_of_love Wonder of love by Keiko Lee
低音ヴォーカルといえば・・・と思い出し、棚の奥から引っ張り出して何年かぶりに聞いた1枚。彼女の歌を初めて聞いたのは、何年か前の神戸Jazz Street。ステージ横から颯爽と登場し、低音ヴォーカルで決めて去っていった彼女、かっこよかったなぁ。このCDは随分前のものだけど、今の歌声も聴きたくなった。


こうして並べてみると、5枚のうち4枚は女性ヴォーカルなんですよね。自分でも意外だったりして。まあ、それが普段と病気の時の違いなのかもしれませんが。


ともあれ、インフルエンザは各地で猛威をふるっている様子。みなさんもお気をつけ下さいね。

|

« 蜜蘭香 | Main | 冬の京都 1 - yugue »

Comments

インフルエンザ、お辛かったでしょう…。大変でしたね。。。
風邪とは違って、とても辛い、というイメージがあります。
きっとmiyaさんの処置が適切だったので
早く治ったのだろうなぁと想像しました。

こんな風に音楽のことを記事にできるなんて
miyaさんっていいなぁ~って改めて尊敬してしまいます。

寒い日が続いておりますが
どうか無理をなさいませんよう、お大事になさってくださいね。

Posted by: a-carl | 09 February 2006 at 00:30

わあ、たいへんでしたね。
我が家にもきましたよインフルエンザ。一応一人の患者ですみました。
予防接種をしていない私はびくびく。予防接種をしている病人は38度までの発熱ですみました。ことしは早くから冷え込んだので早めにはやりましたね。

大事をとって無理せずに・・・

Posted by: あきんとん | 09 February 2006 at 14:09

●a-carlさん
ご心配ありがとうございます。でもタミフルが本当にすぐ効いたので、辛かったのはほぼ一日だったのですよ。
熱が出たのが土曜だったので、翌日だと病院が休みだし、と、慌てて病院に行ったのが幸いしただけです。。。
本当に寝ていると音楽を聴くぐらいしか出来なくて・・・でも気分が随分楽になりますね。
今全国的に流行っているようなので、a-carlさんもお気をつけて!

●あきんとんさん
お見舞いありがとうございます。。
あきんとんさんちにも行きましたか!でも一人ですんでよかったですね。私も家族にうつさないかとヒヤヒヤものでした。やっぱり予防接種はしておかないといけませんね・・・。
でもまだまだ油断なりませんので、あきんとんさんも気をつけて下さいね^^

Posted by: miya | 09 February 2006 at 23:32

インフルエンザに罹られたのですか。きつかったでしょう・・・
しかし、そんなときの感覚も楽しんでしまわれるとは。
薬もありますけど、気の持ちようが一番効いているのではないかと思います。
でもまだ冬は続きますので、気をつけてくださいね。

Posted by: びんみん | 10 February 2006 at 01:51

●びんみんさん
いえいえ、しんどかったのは最初の丸一日ぐらいで、あとは嘘のように熱が下がったので、ある意味普通の風邪より楽なぐらいでした。。
それだけきつい薬ということなんでしょうか。
多分通勤電車の中でうつされたかと・・・びんみんさんも、くれぐれも気をつけて下さいね!

Posted by: miya | 11 February 2006 at 00:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/8569620

Listed below are links to weblogs that reference インフルエンザの友。:

» Bound for Glory / Do You Know What It Means To Miss New Orleans? [ち~旦のレコ堀り日記]
遅ればせながら、このチャリティに参加して2曲聴きましたので この場で、ご報告さ [Read More]

Tracked on 07 March 2006 at 09:26

« 蜜蘭香 | Main | 冬の京都 1 - yugue »