« 土曜の午後は | Main | emotional support »

氷解

生まれ育った街で慣れ親しんだのは、瀬戸内の穏やかな海だけど、
北海道のオホーツクの海は、冬になると流氷がやってきて、
一夜のうちに、海を白い氷で覆いつくすらしい。
写真や映像でしか見たことがないけれど、
きっと、きりりとした冷たい空気のなかで、
一面の氷で覆われた海を見たら、
自然の力のすごさに圧倒されてしまうのだろうな。

天気予報を見ながら、ふと流氷っていつごろ溶けるんだろう、と思って調べてみたら、
年によっても違うけれど、大体4月上旬らしい。

冬の終わりがやってきて、ある日、氷原にすじが走り、
「出し風」と呼ばれる風が、一面の氷原を引き裂いて、
裂け目が少しづつ広がって、海がまた姿を現すのだそう。
そして氷はまた太平洋の彼方へと帰っていく。
そうして、長くて冷たい冬が終わって、待ちわびた春がやってくる、
それを「海明け」と呼ぶらしい。

北海道へは2回しか行ったことがなくて、しかもそれは夏と秋だったので
寒い時期の北海道というのを私はまだ知らない。
ちょうど電車で向かいに座った初老の女性と話していたら、
家族で湖のほとりの宿を切り盛りしているそうで、
「雪の時期が一番素敵なのよ」と教えてくれた。
それ以来北海道には訪れてはいないけれど、
いつか、白い北の大地に、雪の上に足跡をつけて、
耳が千切れそうになりながら流氷を見に行きたいな。
・・・その寒さに耐えられるかどうかが問題かもしれないけど。

ああ、でも、冬といわず、行きたいな・・・
考えただけで旅心がうずうずしてくる。
生まれて初めて一人旅に出た、思い出の場所へ。
時は春、私の中でも氷が解け始めているのかもしれない。

|

« 土曜の午後は | Main | emotional support »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/9777914

Listed below are links to weblogs that reference 氷解:

« 土曜の午後は | Main | emotional support »