« July 2006 | Main | September 2006 »

Sea


この日にこの場所にやってくるのもこれで8回目
この海を見ると、ああ帰ってきたなと思う
ここは私が住んでいた故郷ではないけれど、懐かしい場所であることには変わりない

今年もやっぱり快晴だった
8年のうち雨が降ったのは一度きり
ある意味逃げるように立ち去った帰り際
まるで「帰らないで」って泣いているかのような大雨が降ったきり
空が泣くってこういう事なのか、そう思った夏だった

戻ってくるたびに感じること
1年の間に色んなことが大なり小なり変化している
1年とはなんと短いようで長いことか
時の流れの過酷さ、残酷さ、その現実を目の当たりにし
一方でどうしようもないことへの切なさも覚え
また一方ではどこかで肩の荷を降ろしていたり・・・
自分も、周りも、現実も、気持ちも、少しづつ変わっていく
それは仕方のないこと ある意味認めてあげないといけないこと



Sea


それでも小高い丘の上から見下ろした海の景色は昔も今も変わらない
このあまりにも変わらない景色を見つめていると
1年なんて、9年なんて、ほんの短い一瞬のことのように思えてしまう
この9年という年月に一瞬にして色んな思いをめぐらせた
そして今のこと、これから先のことを考えて、眩暈がしそうになった
時の流れと共に過去のことになっていくのは仕方ないかもしれないけれど
忘れない、忘れることなんて絶対できない
心の片隅にちゃんとしっかり一緒にいるのだから、大丈夫

ここに泊まって夜空を眺めるなんて事は10年以上やっていないけれど
ここで見る夜空は、空いっぱいに星がきらきらと輝いて
それこそ手を伸ばしたら落ちてきそうな程だった
子供の頃、夜中にトイレに行くのに一人で恐る恐る外に出て
用を済ませて空を見上げると、そこは一面満天の星空
今住んでいる場所ではぽつりぽつりとしか星が見えないけれど
それでも空を見上げたら、遠くに星が輝いている
自分の存在とはなんとちっぽけなものか
故郷から戻ってきて夜空を見上げていたら、なんだか切なくなった
ここからは見えなくても、それでも見守ってくれているだろうか

故郷へ向かう夜行バスの中から見た神戸の夜景
明石大橋を渡るときに見えた、海岸沿いにずっと、ずっと続いていた光
淡路島の海岸に光る家々の明かり、船の明かり
なんだか随分久しぶりにこんな夜のきらきらした明かりを見たような気がした
もちろん、いつも通っている場所だったり、何度となく見ている夜景だったりするのだけど
何となく、何かが違う気がして、涙がこみ上げた
一体何が違ったというのか



Sea


全て終わって、久しぶりの友達に会いに向かう電車の中
窓の外には同じ瀬戸内の海が続いていた
電車の向かう先に、力強く、でも柔らかく輝く夕日
海に映えて、とても優しく、大きく包み込むように輝いていた
夕日ってこんなに柔らかかったっけ・・・
まぶしかったけれど、カーテンを閉めることも出来ず
途切れ途切れに車窓から見える海と夕日を ただただずっと眺めていた
電車が到着する少し前、窓の外に大きな虹が見えた
ほんの一瞬だったけど、空は曇っていたけれど
なんだか少しだけ、目の前が明るくなったような気がした

そんな色んな想いが交錯した週末。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

W. Bolero@守山

さて、もう1週間以上経ってしまいましたが、紅茶日和だった日、その後電車にゆられて向かうは滋賀。
滋賀は去年の夏にも長浜~近江八幡へ遊びに行きましたが、それぐらいで、他は全然知りません。
今回は行きたいお店があったので、久々に電車で向かいました。
途中急に大雨が降りだし、駅で電車が止まったり、、日傘しか持っていなかったので冷や冷やしながら窓の外を眺めていました。
電車は守山に到着、雨がまだ降っていたので、珍しくタクシーに乗ってみました。途中でまた大雨になったら大変ですので・・・。運転手さんいわく、ほんの20分ほど前は集中豪雨のようで、信号まで止まったのだとか。雨で前もろくに見えず、おまけに信号も動いてなかったそうで大変だったようです。本当ならもう少し前に来るはずだったので、少し遅めになって正解だったのでしょうか。

W.Boleroそして目指すお店に到着。W.Bolero ドゥブルベ・ボレロさんです。

ヨーロッパの田舎にありそうな店構えで、ドアを開けるとケーキや焼き菓子類がたくさん並んでいます。

W.Boleroどれにしようか目移りしていると、シェフの渡辺さんが出迎えてくれました。こちらのシェフとは知り合いの方のご紹介、とでもいいましょうか、とても素敵なきっかけがあってご縁ができて、メールなどでやり取りはさせていただいていたのですが、お会いするのは初めて。何となく不思議な感じですが、なんだか初対面という気もせず、ケーキはひとつづつ丁寧に説明していただき、その後もお店の話、ケーキの話、滋賀の話、フランスの話、パンの話、etc. あれこれとお忙しい中お話していただきました。本当にありがとうございました!私はあまり洋菓子の事は詳しくないので、とても興味深かったです。





ケーキもどれにしようか随分迷ったのですが、お勧めのものの中からこの2つを。

マールマール
カシスのムースの中にホワイトチョコのババロワ、底はタルトになっています。カシスの酸味と、ホワイトチョコのババロワのさわやかさと控えめな甘さ、そしてしっかりとしたタルトがうまくあって、想像とは随分違ってとてもさわやかな美味しさのケーキでした。

アールグレイアールグレイ
お店の人気商品だそう。ミルクチョコムースの中にアールグレイ風味のクレームブリュレとヘーゼルナッツが入っています。こういうチョコのムースって他のお店でも色々あるのですが、こちらのはヘーゼルナッツが味も食感もいいアクセントになっています。いい具合に濃くて、まったり美味しかったです。

他にも惹かれるものが色々あったのですが、やはり2個が限度ですね。。
ケーキだけでなく、焼き菓子やコンフィチュール(とても美味しそうでした・・!)、天然酵母パンなどもあり、クロワッサンやブリオッシュも買って帰りました。


やはり夏の時期はどうしても軽いものを中心に出されるそうで(実際私が食べたもの以外は夏っぽいものが多かったです)秋冬が一番お好きな季節だとか。今度は是非その季節にお伺いしたいものです。
滋賀って何となく遠いイメージがあったのですが、大阪からだと新快速で50分なんですよね。意外と近いんだなぁって思いました。去年行った長浜や近江八幡も素敵な街でしたし、W. Boleroさんへ美味しいケーキをいただきにふらりと滋賀へ出かけてみるのもいいですね。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

紅茶日和 2 : rustique au the

リュスティック・オ・テ


シュクレを後にして向かったのは、夏休み直前のフール・ドゥ・アッシュ。(※8月13日~20日まで夏休み中です)
一期一会なパンが多いこのお店で、思いがけず素敵なパンに出会うことが出来ました。

それがこの日初お目見えの、「リュスティック・オ・テ」

お店に着いたときは2時ごろだったのだけど、皆さん夏休み前とご存知だからか、パンが少ししかなかったのですが、その中にこのパンの姿を見つけたときは、思わず感激で目が釘付けになってしまいました。

前にも書いたのですが、最近時々紅茶の入ったパンを見かけるアッシュ。前に紹介したりんごバージョンのほかにも、白桃と紅茶のもの、あと私は食べ損ねたのだけどルバーブとあわせたものなどが出ていたようです。
とはいえ、どれも生地に茶葉を練りこんだもの。ところが、このリュスティック・オ・テは、抽出した紅茶で練りこまれたものなんです。紅茶を使ったパンは時々パン屋さんでも見かけることがありますが、どれもやはり茶葉を練りこんだもの。シェフにお伺いすると、抽出した紅茶で練りこむと香りが残りづらいそうで、かなり苦心されたのだとか。(それもものすごい量の茶葉を使われているそうで・・・シェフ、、原価ー!)
確かに紅茶の香りは繊細なので、パンとして焼き上げたら香りが飛んでしまいそう。どうやったら紅茶の香りを損なわずに、シェフの思う紅茶のパンが作れるのか、、みんなであれこれ考えたのですが、なかなか難しそうです。

リュスティック・オ・テ


色々苦心された結果、アールグレイに、オレンジの花水を合わせ、そこにホワイトチョコを練りこまれたそう。見た目はとても濃い色で、どんなに濃い味なんだろう、と思ったのですが、少し焼き戻すとオーブンの中からふわっとやさしい紅茶の香りがして、口に入れると、しっとりしたリュスティック生地、そしてその中から濃い目の紅茶の味がしてとても美味しい。ホワイトチョコが、ミルクティのミルクのような役割をしているのかもしれません。喉を通るときにさわやかな香りがすぅっと抜けるような感じです。きっとオレンジの花水がポイントなのでしょうね。(でもオレンジ、っていう感じはそんなにしないのですよ。紅茶とうまく混ざっている感じ)見た目的には色もこんな茶色だし、他のパンたちのようにフルーツが入っているわけでもなく、とても地味なパンではありますが、その地味な中にも色んなシェフの工夫が隠されていて、口の中で紅茶の余韻を味わいながら、感謝の気持ちでいっぱいでした。シェフ、ありがとうございました!

このパンも、他のアッシュのパン同様一期一会なのかな・・・もしくはバージョンアップしていくのかもしれませんが。
でも紅茶の美味しい季節は秋から。また涼しくなった頃出会えたらいいな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

紅茶日和 1 : creme diplomate

土曜日は久々に長く、濃い一日。
そんな中、期せずして、私の好きな紅茶にまつわるパンとスウィーツに出会うことができました。



* * * * *


クレーム・ディプロマット暑い中岸辺駅から歩いてたどり着いたル・シュクレ・クール。偶然出くわした友達に驚きつつ、キッシュをイートインし、そしてそのあと出会うことのできた、クレーム・ディプロマット。

フランスの地方菓子だそうで、私ははじめてその名前を目にしました。
ブリュターニュ地方のプディングだそうで、オレンジピールやクランベリーがアクセントになっています。
紅茶の味がしっかりきいたプディング。シュクレではタルトやガトーショコラなどのスウィーツ系も充実していますが、こういうデザートは初めてかも・・・。

なんだか、とても素朴なんだけど、懐かしい味なんだけど、口に入れると紅茶の香りや味が広がって、そこにオレンジやクランベリーの酸味、食感、甘さがいいアクセントになっていて、なんともいえないハーモニーを醸し出していました。私は良く冷えたものをいただいたのですが、食感はまったりとしていて、なんとも言えず幸せな味。

クレーム・ディプロマット


この土曜日だけの限定品として作ってくださったという、まさに一期一会な貴重な出会い。
とても美味しくいただきました。ありがとうございました!

(余談ですが、、、全部食べたあと、思わず横に立っておられたシェフに向かって「にんまり」満面の笑み?を向けてしまったのですが、見られてしまったかしら・・・恥ずかし~^^;)


ブリオッシュパラディ、クラミックおまけ:初めて自分用に買った、ブリオッシュ・パラディとクラミック。
ブリオッシュ・パラディにはキウイ、メロン、パイナップル、ココナッツが入っていて、クラミックにはマンゴーが。どちらもさわやかな夏のパン。シュクレのブリオッシュは、きめ細やかでしっとりしていて美味しいんです。もう次来る時は秋のパンかしら・・・

キッシュこちらはイートインした夏野菜のキッシュ。シュクレのキッシュは生地がしっかりしていて、フィリングもいい具合でとても美味しいです。見かけたら一度お試しを。


*ル・シュクレ・クールは16日から24日まで夏休みです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Chamomile

Chamomile


そんなの大したことじゃない、何があるわけじゃない、大丈夫、不安に思うことなんてないんだから・・・そう頭では分かってるつもりでいたけれど、そう言い聞かせても、心がざわざわと騒いで言い知れない不安が心をよぎる夜。
買ったばかりの iPod nano の使い方を研究してみたり、読みかけの雑誌を開いたり・・・
でも、心は半分うわの空で。

Chamomileふと、先日 uf-fu で買ったカモミールとダージリンのブレンドティのことを思い出し、封を開けてみた。
お店でも香りを嗅がせてもらって、7月初旬に届いたばかりの出来立て(初摘み)カモミールの甘くて幸せな香りにうっとりとしたのだけど、その奥にグームティの後味がきりっとしていて、とても心地よい。あまりハーブティやフレーバーティは飲まない私だけど、この香りと味は格別。グームティのファーストフラッシュでブレンドするだなんてもったいない!!って思ってしまったけれど、このすっきりした後味は、ファーストフラッシュだからこその味、美味しさのような気がする。

とても贅沢なカモミールティ、Primtemps。
ざわざわとした心も少し落ち着いて、心地よく眠りに落ちることが出来た。

次の日の朝はアイスティにして飲んでみたら、また違う味わいで、まったりと、心地よく甘く、後味がすっきりしていて美味しい。

不安な気持ちは消えないけれど、この美味しいカモミールティのおかげで「ざわざわ」は少しおさまったかな・・・
少し落ち着いた気持ちで、今はただ、ひとり、信じて待つだけ。



* * * * *


最近お茶の話題があまり書けていませんが、、、uf-fuさんでは他にも色々お茶を買っていて、どれも美味しくいただいてます♪
今の定番は、キャッスルトンのファーストフラッシュの水出しアイスティ。これが美味しいんです。またそのうちにお茶の紹介も・・・

それから!
春に注文して作っていただいたオリジナルバッグ。これがすっかりお気に入りです。また改めてご紹介しますね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

under a full moon

full moon


今夜は満月。

夕暮れの東の空に、goldに輝く、まんまるな月が光っていました。
週末に海から眺めた時はまだ半月が膨らんだぐらいだったのに。
今の時間に見る月はシャンパン色だけれど、夕暮れの月はとても黄色く輝いていて、ついつい目を惹きつけられてしまいました。

疲れも、切なさも、すべて包み込んでくれそうな月です。

この空の下、今頃同じ月を見ているでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »