« signs of autumn | Main | 「イギリスでお茶を」 »

Four de h の2周年

Four de h 2周年


不覚にも体調不良で1週間寝込んでしまってました・・・体が丈夫なだけが取り柄だったのですが。。。季節の変わり目ゆえ皆様もご自愛くださいね。

寝込んでいる間にタイミングを逃してしまい、既に遠い記憶になってしまいそうなのですが・・・
9月27日はフール・ドゥ・アッシュの開店2周年でした。
23, 26, 27日と周年記念のイベントをされていたのですが、後半2日は平日ゆえ行くことが出来ず(結局2周年当日から寝込んでしまったので、どちらにしても行けなかった訳ですが)、23日の土曜日も外せない予定があり、朝一番にばたばたとお伺いしてきました。

10分前に到着すると、既にお客さんが並んで待っていました。一番乗りを目指していたのに、不覚です。。
10時になり、マダムが出てこられてオープン。お店の中はオープンしたてだと言うのに限定パンたちがずらりと並んでいて、それはもう圧巻です。懐かしい元スタッフさんのお顔も見ることが出来てうれしかったり。

まずはシェフにお祝いの一言を告げ、何分時間がない上お客さんでごったがえしていたので、すばやくパンを選んでトレイにのせ、レジへ。マダムにも一言お祝いの言葉を。
帰り際にもう一度シェフと一言だけお話して、ばたばたと失礼することになってしまい、申し訳なかったのですが・・・

パンも私が帰った後にも出ていたようで、そして残り2日にもおいしそうな限定品たちが出ていた模様・・・この辺りはみなさんのレポを見て私もうらやましく思っているのですが(笑)



four de h

(上)金柑と栗と柚子 (下)リュスティック・フリュイセック

金柑と栗と柚子●金柑と栗と柚子
冬に一時だけ出ていた金柑のセーグル。(詳しくはこちらを)シェフが「売れないんですよねぇ~」とこぼしておられたけど、この金柑のセーグル、美味しかったんですよね。まさか、周年イベントで再会しようとは!
金柑と栗と柚子、そしてセーグル。お互いそれぞれに風味がうまく引き立てあっていて、美味しかったです。

リュスティック・フリュイセック●リュスティック・フリュイセック
ナッツとドライフルーツをたっぷり入れたリュスティック。なんと栗も入ってました。
たっぷりって・・・・!これもかなり沢山入っているにもかかわらず、そんなにくどさを感じさせないのです。

写真を撮る前に食べてしまったのですが・・・「ガレット・セーグル・マロン・スペショー」
いつものガレットセーグルマロンも大好きなのだけど、これはホントにスペショーだけあって、栗がごろごろとのっかっていて、美味しかった!

クグロフ・スィオ●クグロフ・スィオ
柚子と酒粕と栗のクグロフ。スィオシリーズがなんとクグロフに!
クグロフに酒粕って何だか不思議なとりあわせ。

ミワの思い●ミワの思い
ピスタチオとミモレットチーズのトゥルトォー。
いつものミワも、周年とあってバージョンアップ!またシンプルなものとは味わいが違って面白いです。
ピスタチオとミモレットの塩気で、ビールを飲みたくなる感じ。


H23(上)ル・シャンプノワーズ
シャンパンと苺とマンゴーとミントとバジルの入ったパン

(下)パン・ド・シャンパーニュ
シャンパンと桃とフランボワーズとチョコレートが入ったパン


この一年、アッシュというお店を通じて、いろんな人たちとの交流、美味しさの共有があり、そしてシェフ.マダム.スタッフの皆さんを通じてアッシュというお店、アッシュのパンやスウィーツを色んな角度から楽しませていただいてきました。そこにはもう「パン」ということだけではくくれない何かがあったのだと思います。それはパンを通じて、パンという食べ物の枠を超えた、人との交流、ということに他ならないのだと思うのですが、アッシュ(マルシェも含め)という場所がまるで私たちにとってある種のサロンのような場所であったのかな、と今振り返って思ったりします。

ある時は一人で行き(実はこのパターンが一番多いのですが)、シェフやマダムとお話し、ある時は友達とばったり会い、はたまた友達と待ち合わせたり、色んな人たちとテーブルを囲んでパンを頬張りながら悶絶したり・・・。こんなかけがえのない場所、他にはなかなかない。そして、パンを通して色んな気持ち、感動、楽しさ、元気をいただきました。



バゲット


今アッシュで一番好きなパン・・・。
うーん、それはとても難しい質問だったりするのですが(何分、日に日に変わっていく一期一会のパン屋さんですから!)、敢えて今あげるとすれば、バゲットかもしれません。
最近少し作り方を変えられているというバゲット。以前のものに比べ、濃く、そして力強くなっているように思います。ここにシェフの気持ち、意気込みのようなものが垣間見れる様な気がして、今私が一番気になるパン、でしょうか。まあ、次に行ったら変わっているかも知れませんが・・・何分一期一会、ですから。

バゲット色んなフィリングが入ったパンももちろん気になるし、それぞれについつい手が出てしまうのだけど、トゥルト・オ・ルヴァンやセーグル、そしてこのバゲットのような、シンプルなパンの美味しさ、そこにアッシュの底力を見るような気がするのは私だけでしょうか。

遅ればせながら・・・
2周年おめでとうございます。これからもお体に気をつけて、私たちを惹きつけてやまない、美味しいパンを作り続けて下さいね。そして私たちにとってかけがえのないお店、場所、そして人たちでいてください。また次にお店に行くときに、いつもの笑顔に出会えるのを楽しみにしています。


|

« signs of autumn | Main | 「イギリスでお茶を」 »

Comments

miyaさん、少しお久しぶりです。
寝込んでおられたとのこと、大変でしたね。

あぁ、こちらは憧れのパン屋さんです。
アップされるのを拝見するたび
いつか行ってみたい…と思いつつ、なかなか足を運べなくて残念です。

こんなにバリエーション豊かだと迷ってしまいそうですけれど
シンプルなパンたちも、とっても気になります!

その後お体の調子はいかがですか?
私の周りでも体調を崩している方がいます。
早く全快されますよう、どうかお大事に。

Posted by: a-carl | 12 October 2006 at 10:27

miyaさん、ごぶさたしています。
1週間も寝込まれたとのこと、ひどい風邪だったんですね。
まだ秋半ばですし、食べ物のおいしい季節を楽しむためにもお気を付けて。

トップの写真は絵みたい。
フール・ド・アッシュは、本町方面に仕事があったときなど、こそっと(笑)寄ることもあります。話はせず買うだけですが。
パン屋さんを通じて人とのつながりができるのって、貴重なことですね。

Posted by: びんみん | 13 October 2006 at 02:41

●a-carlさん
こちらこそお久しぶりです!
お気遣いありがとうございます、食欲が今ひとつなのですが
それ以外はよくなりました。a-carlさんもお気をつけて・・・

そうなんです、ついつい新しい取り合わせのパンに目が行ってしまいがちなんですけど、シンプルなパンたち、美味しいんですよ。
いつかa-carlさんがこちらに来られたら是非案内させてくださいね。

Posted by: miya | 14 October 2006 at 01:19

●びんみんさん
こちらこそご無沙汰しています!
そうなんです、実はただの風邪ではなかったのです。。
食欲の秋、早くおなかの調子を戻さなくては!と思っています(笑)
季節の変わり目で気温も日に日に違いますよね、
びんみんさんもお気をつけて!

アッシュに時々行かれてるんですね!うらやましいです。
私は最近都合でいけない日々が続いています。
次は是非シェフやマダムと一言お話してみてください、
このパンはどんな・・・?とか。きっと喜ばれると思いますよ!
最近男性のお客さんも増えているようです。
人とのつながり、本当に素敵なことで、うれしいことです。

Posted by: miya | 14 October 2006 at 01:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/12249276

Listed below are links to weblogs that reference Four de h の2周年:

« signs of autumn | Main | 「イギリスでお茶を」 »