« Four de h の2周年 | Main | Happy birthday »

「イギリスでお茶を」

イギリスでお茶を久々に本屋をじっくり覗くと、私の好きそうな(笑)英国関連の本が幾つか出ていました。
どれも気にはなったのですが、やはり一番に手に取ったのは、小関さんのこの本、イギリスでお茶を - スコーン&クロテッドクリーム&アフタヌーンティー、おいしい旅へ です。

イングランド - ティーハウスをめぐる旅小関さんの本と言えば、イングランド - ティーハウスをめぐる旅がとても好きで、この本に載っているティールームも訪ねたりしたのですが、今回も南西部・ロンドンを中心にいくつもの素敵なティールームを紹介してくれています。

紹介されているティールーム、どれもおいしそうで、クリームティしに飛んで行きたくなるのですが、美味しい食べ物以外にもお店の紹介、人の紹介がされていて、はるか遠くの英国だけど、何だかとても身近に親しく感じてしまうのです。

ティールーム以外で一番興味深く読んだのは、クロテッドクリームが作られている農場見学!一度行ってみたいなぁと常々思っていたんです。。。見学とまではいきませんが、この見るからにこくのありそうなクロテッド、一度たっぷりつけて食べてみたいです。

英国フェア

先日梅田阪急の英国フェアで、噂の英国産の紅茶を見たのですが(高くて手が出ませんでした・・・)、その茶園も訪れておられて、うらやましい限り。ちなみにこの写真は、英国フェアに来ていたHazelmere Cafe and Bakery(ヘーゼルメア)でいただいたクリームティ。2006年のTop Tea Placeに選ばれたティールームです。(詳しくはこちらこちらを)
もちろんお味は美味しくて、久々に英国のスコーンをいただけて満足だったのですが、やっぱりデパートの催事場でいただくのは何となく味気ないもの。。

この本を手にしていると、もうすぐにでも飛行機に乗って、田舎のティールームでお茶したい・・・そんな衝動に駆られてしまいます。ホテルでのお茶もいいけれど(Brown'sは憧れのホテルなので一度行ってみたいと思ってます)、やはり私は素朴なティールームでのお茶が好きだなぁと思いました。
お茶をしに英国へ、なんて贅沢かもしれないけど、この本を眺めながら英国に思いを馳せつつ、濃い目のミルクティをいただきました。涼しくなって、これからお茶の美味しい季節。スコーンも最近焼いてないから、また久々に焼かなくちゃ!


まだ買っていませんが気になる本たちはこちら

お菓子を習いに英国へお菓子を習いに英国へ

ジュリー・カレンの英国伝統のホームメイドお菓子ジュリー・カレンの英国伝統のホームメイドお菓子

|

« Four de h の2周年 | Main | Happy birthday »

Comments

私もお茶を飲みにイギリスに行きたいです。
行ったばかりでしょ?と言われそうですが、夫と子供が一緒だとのんびりお茶は無縁のイギリスです。
スコーンは作ってるけど、優雅にお茶とは家ではなかなかいきませんからね。更にひとりの時間が減りましたし。

お菓子の本も気になります。買ったら作らずにはいられないだろうなぁ。。。

Posted by: てすこ | 14 October 2006 at 20:50

●てすこさん
ふふふ、一瞬そう思いましたが、確かにご家族と一緒だと、なかなかゆっくりとお茶できないですものね。
私ものんびりお茶できてるかといわれればそうでもないのですが・・・

お菓子の本はまだぱらぱらと立ち読み(笑)しただけなんですけど、しばらくはこの「イギリスでお茶を」を眺めて満足することにします。。。
ああ、最近スコーン焼いてないので久々に焼きたくなりました。。

Posted by: miya | 15 October 2006 at 14:49

はじめまして。
突然お邪魔しましたが、三重県でイングルサイドというカフェを経営しております。
実はこちらのブログに何かのはずみでお邪魔して・・・まだなんだか狐につままれたような感じがしています。
と、言いますのもこのページの小関さんの「イギリスでお茶を」「イングランド-ティーハウスをめぐる旅」やうめだ阪急での英国フェア。
山口ももさんの「お菓子を習いに英国へ」からジュリーカレンさんの「英国伝統のホームメイドお菓子」・・・全てが私の大好きな本やイベントだったからです。
これはもうmiyaさんに興味を持たないわけにはいかない状況です。
大好きなイギリスのこと、お茶やお菓子のこと、お話しさせて頂けたらうれしいです
私のお店のHPは現在リニューアル中なので先に書き込んだURLは以前のものですがよろしかったらご覧下さい
またメールを送らせていただいてよろしいですか?

Posted by: inglesidemama | 07 November 2006 at 18:20

そのうえ現在準備中の新しいブログ名は
“my nice cup of tea"
なんです!?
ね、なんか変な感じでしょう?(^^;)

Posted by: inglesidemama | 07 November 2006 at 18:29

●inglesidemamaさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
ティールームや英国に反応してくださってうれしいです♪
何だか興味の対象が似ているようで、
おまけにブログの名前も、ですか?^^
お店のHP拝見しました、素敵なお店ですね。それも湖畔だなんて!
スコーンはもちろん、クロテッドや朝食に反応してしまいました。
実は今年の夏、初めて三重へ遊びに行ったのですよ。
その時知っていたら、絶対お伺いしたのに・・・うう、残念です~
何だか見たことのあるイギリスの景色や、美味しそうな食べ物の写真、
懐かしく眺めたり、スコーン美味しそう!って思ったりしています(笑)
私はかれこれ2年行けていないのですが(そろそろ行きたい熱が・・)、
こちらこそ是非またイギリスのお話etc.させて下さいね!
楽しみにしています。

Posted by: miya | 08 November 2006 at 00:23

miyaさん
本当にこちらこそよろしくお願いします
実は私は今のお店を始めるまで某府県の地方公務員として勤務しておりました。
毎日仕事に忙殺されながら・・(自分の力なさに苛まれながら・・が正しいかも(^^;) 僅かな時間を見つけては気持ちをリセットする為、ティールームでお茶を飲むようになりました。
当時はお茶とケーキを楽しむより、ティールームで自分に戻れる時間そのものを求めていたのかも知れません。
そしていつの間にかお店の方が丁寧に淹れてくださる一杯のお茶がお腹だけでなく、心の内側から私自身をほんわり暖めてくれることに気付きました。
本当にa nice cup of tea って感じです。
この秋で、お店を初めてちょうどまる2年が過ぎましたが、それ以前の生活から今の自分自身の姿はまったく想像できないもので家族も、それ以上に自分自身も驚いています。
今年の初めには初イングランド、初一人旅をしてきました。
英語もろくに話せない自分がそんなことをするとは驚きですが、お店の常連客だったイギリス人の友人の実家に招待していただいたことや、
6時間かけて夜中に辿り着いたB&Bでの体験はこれからの私にほんの少しの自信と新しい課題を与えてくれたと思います。
miyaさんのお好きな本、本当に私の大好きな本ばかりでブログを拝見しながらドキドキしています。
また度々お邪魔させて頂きますので、よろしくお願いします

Posted by: inglesidemama | 08 November 2006 at 22:09

●inglesidemamaさん
こんにちは。
ティールームでの一杯の美味しいお茶、そこで過ごす時間がくれる心のやすらぎ・・・ありますよね。
たとえそれが短い時間であっても、ほっとするひとときって貴重だなと思います。
居心地のいいお店、空間って、人それぞれ好みが違うと思うのです。そんな中で自分にとって落ち着くお店に出会えるって、なかなか難しいですが、素敵なことですよね。

私とイギリスの出会いは大学時代でしたが、それから何度となく訪れていますけど、「行きたい」というより「戻りたい」と思う場所です。
もちろん、田舎のティールームでのお茶は旅の大事な時間のひとつです。知らない街のティールームでも、ほっと一息、何だかとても落ち着く時間です。美味しいお茶とスコーンは言うまでもありませんけど!

ご自分でお店をされるのはなかなか大変なことも多いと思うのですけど、その充実感は何事にもかえられないでしょうね。
(私もいつかそんなお店を・・・なんて考えることもあります。。。)
いつかお店にお伺いできたらいいなって思います。
最近あまり更新できていませんが(イギリスの話も最近出来てませんし・・・)、よろしければまた遊びにきてくださいね。

Posted by: miya | 12 November 2006 at 15:35

初めまして、こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。実は私、翻訳の仕事をしている者で、昨年「イギリスのティータイム」に関する本が出版されました(URL参照)。実は最初、このページにたどりついたのは偶然でした。このテーマにご関心がありそうなので、お買い上げいただけたらと思いお知らせしています。お茶・お菓子がたくさん載っていて楽しく、気にいっていただけそうだと思いました。よろしければどうぞ、本棚に加えてやってください。でも手作り関係のことじゃなくてすみません。

Posted by: Rooly | 09 March 2009 at 18:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/12274888

Listed below are links to weblogs that reference 「イギリスでお茶を」:

« Four de h の2周年 | Main | Happy birthday »