« 「最後の奇跡」 | Main | missing »

わかさ農園

わかさ農園


12月、何かと慌しく過ぎていた年末のある日、うれしい贈り物が届きました。
ダンボールの中には、以前から行ってみたい、食べてみたいと思っていた福岡のわかさ農園さんのパンたちがたくさん・・・!
思わずうれしさのあまり手が止まってしまったほどです。
送ってくださった方の日記や、以前の「自休自足」の記事で紹介されているわかさ農園さんは、ご家族で農園やパン作りをされていて、とても暖かく素敵な人たちという印象でした。
そんなわかさ農園さんで作られるパンたち、きっとやさしいパンたちなんだろうな、いつか会いに行ってみたいなと思っていたのです。
そんな想いが届いたのか、わざわざお店に出向いて買って送ってくださったそう。
(お店では通販はされていないと思います)
思いがけずこの年末に届いた、貴重なパンたち。
ラッピングも可愛くて、どれから食べようか迷ってしまいます。
送ってくださった方と、わかさ農園さんのことを思い浮かべながら、少しづつ、大事に大事にいただきました。
その一部をご紹介しますね。

わかさ農園クリスマス前とあって、クリスマスのパンセットが入っていました。
とてもかわいくて、袋から出すのが惜しくてずっと冷凍庫にしまっておいた、ゆきん子ライ麦。見た目のかわいらしさとは違って、口にするとハーブの独特の風味がふわっと香るのです。中にはクリームチーズが。もっちりと、そして味と香りにアクセントのあるゆきだるま。

わかさ農園これはステッキ。くるみとレーズン、そしてクリスマスらしくクランベリーが入っています。クランベリー好きなのでうれしい!ナッツ類とクランベリーと、そして意外と軽めの生地がうまくあって、どんどん食べ進んでしまいました。

わかさ農園シュトーレンも2切れ入っていました。
これまた、とてもやさしいお味。生地とフルーツ(柚子がポイント!)がいい具合に馴染んでとても美味しかったです。

わかさ農園とても印象深かったのが、この黒糖しょうがスコーン。
丸っこくて、手のひらにすっぽりおさまるサイズのスコーンは、しっかりとしている中にもほろっと優しく、黒糖としょうががアクセントになっていて、とてもほっこりするお味でした。

わかさ農園プレーンな「草かんむり」というパン。外はパリッと、中はしっとりしていて、天然酵母のやさしい味が美味しかった。

わかさ農園


他にも、黒豆を使ったパンや屋久島の無農薬の緑茶を使った緑茶ザルツ、手折りのかわいいパイ2種ややさしいクリームパンに金時豆のあんぱんなど・・・
わざわざ丁寧な手書きの説明まで付けてくださっていたのですが、それも送り主の方からわかさ農園さんにお願いしてくださったとの事、その心遣いに心がとてもあたたかくなりました。

いつか、わかさ農園さんにお伺いして、そのあたたかさを直接ゆっくり感じてみたいです。
a-carlさん、ありがとうございました。


|

« 「最後の奇跡」 | Main | missing »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/13483298

Listed below are links to weblogs that reference わかさ農園:

« 「最後の奇跡」 | Main | missing »