« February 2007 | Main | April 2007 »

春待ち

久々に、パンの日記を。

今年は暖冬だったせいか、待ちわびるまでもなく春の足音が聞こえてきた気がします。
それでも、まだまだ寒い日もある。今日みたいに冬に逆戻りしたような日も。
ameen's oven の酒種の春待ちパンたちを食べていると、春を待ちわびる、
あのわくわくした、あたたかい気持ちが胸にふっと灯ります。

・・・本当は、春の足音と共にやってくる花粉がつらくて、
以前ほど楽しみな季節ではなくなっているのですが、
それでもやはり春はいいですね.

ameen's oven 酒種BREAD 丸パン●酒種BREAD 丸パン

手のひらにすっぽりおさまるサイズの丸パン3兄弟。
外はしっかりと焼かれていて、中はしっかり食べ応えのあるパン。

ameen's oven 酒種BREAD 丸パンシンプルなだけに、キビ甘酒のほんのりとした甘みが香ります。
何かはさんで食べようか・・・と思っているうちに、なくなってしまいました。
和食にもあうパン。


ameen's oven 酒種BREAD ブラックソヤビーンズ ●酒種BREAD ブラックソヤビーンズ

大きな黒豆がたっぷり入った、酒種のパン。
丸パンと比べてとてもやさしく柔らかい。中に入れるものや形で
随分違うんですね。しっとりしていて、やさしい味。
なにもつけずにそのままで。

ameen's oven 酒種BREAD  ジンジャー●酒種BREAD ジンジャー

ほんのりとキビ甘酒の甘みの香る生地に、ぴりりと生姜がアクセントに。
そしてほのかに香るシナモン。
生地もしっとりもっちりとした食感で、表面の焼けた部分とのコントラストもいいのです。

ameen's oven 酒種BREAD  ジンジャーそのままでも美味しいし、はちみつをぬっても美味しいし、
これも和食にあいますね。
この3つの中では一番好きかなぁ・・・もちろんどれもそれぞれに好きなのだけど。

酒種は3種類あるけれど、どれもそれぞれに表情が違って楽しいです。

そして、酒種以外にも、新しいパンが。

ameen's oven ノルマンディ・ライ

●ノルマンディ・ライ

ノルマンディ地方名産のシードルが練りこまれた、大きなパン。
ライ麦とシードルの香りがとても印象的です。
周りはしっかり焼きこまれていて、その香ばしさもいい。


ameen's oven ノルマンディ・ライこういう大きなパンは、手に持って、そしてカットしていると
何だか心がゆったりするようで、やはりいいですね。
ameen's の大きなパンと言えば、ビオミッシュがあるのですが
ビオミッシュはしっかりとかみ応えがあって、かむ毎に滋味深い美味しさが
じわじわと増してくるパン、
そしてこのノルマンディ.ライは、比較的やわらかくて、でもしっかりと
ライ麦が香り、そしてシードルも香り立つ感じ。
定番になるといいなあ。


●番外編
土曜のコウバ直売の、この日だけの限定だったパンたち。

ameen's oven 甘酒のクグロフ・甘酒のクグロフ

上にちりばめられた桜の花が、ひなまつりらしさをかもし出してます。

ameen's oven 甘酒のクグロフ甘酒生地のほのかな甘み、そしてカレンズの甘み、チェリーの酸味が
不思議な調和で美味しかった。少し表面だけ焼いてもいい。

ameen's oven 黒豆のベーグル・黒豆のベーグル
これもひなまつり限定。黒豆のベーグルは初めて!

ameen's oven 黒豆のベーグルソヤビーンズと比べるとしっかり、もっちりしていて美味しかったです。



* * * * * * *

そういえば、去年はこのジンジャーに泣かされたんだっけ・・・
その時の日記を今読み返して、そして今の状況を改めて見つめ、
"Variety is the spice of life"
・・・ああ、ホントにそうだな、と感慨深く思った。

今年のジンジャーも、酒種のほんのり甘い生地の中に生姜がぴりりと効いているけれど
今年は、今の私は、もう泣かない。
はちみつの力もなるべく借りない。
(もちろんはちみつがほしくなる時もあるけれど!)
客観的に見れば、今の状況は決して良くないどころか
先が見えず、時にどうしたらいいか途方に暮れてしまうのだけど、
このパンの、やさしい中にある力強さを、しっかりとかみ締めて味わっていると
きっと乗り越えられる、そんな気がしている。

もう 春はすぐそこだもの。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »