« 桜 3 | Main

Thank you

ビオミッシュ


最後のパンは、絶対これにしようって決めていた。

このパンには色んな思い出がぎっしりと詰まっていて、
一口噛み締めるごとに、少しづつ記憶ががよみがえってくる。
最後の日に焼かれた大好きなパンを食べながら、一人思い出し、噛み締めた。

「終わりは、はじまり」
昔好きだったartistがこう歌っていたっけ。

大好きだったこの場所はもうすぐなくなってしまうけれど、
これからがはじまり。
悲しんでいる暇なんてないんだよね。

今まで本当にありがとう。
そして、これからも、どうぞよろしく。


|

« 桜 3 | Main

Comments

お久しぶりです。お元気でしたか?
大好きだった場所がなくなってしまうさみしさと
これからの新しい場所への期待が入り混じったような…
そんな印象をうけました。

これからも楽しみにしていますね!

Posted by: a-carl | 25 September 2008 at 20:11

お久しぶりです。

?!このパンは…と調べると。
そうだったんですね。
遠くに行ってしまうのかな。

寂しい気持ちは、それだけ愛おしい気持ちが注ぎ込めたからこそ
ですよね。
新しい展開が、miyaさんに新たな力を与えてくれますように。

Posted by: こま | 27 September 2008 at 03:07

miyaさん、やっぱりちゃんと行かれたのですね、最後に。
結局結局、私は行かぬままで終わってしまった旧コウバ。

さすがの私も、新しい table へは行かなくちゃ。
是非、miya さんと同じtableをご一緒したいものです。

そこにはもうなくなっちゃいますが、the end ではありません。
これは、to be continued... なんですもの。

Posted by: しま子 | 28 September 2008 at 19:47

●a-carlさん
お返事が遅くなってごめんなさい、こちらこそご無沙汰しています。
もう12月、すっかり寒くなってきましたね。
今年ももうルミナリエが始まる時期になりました。
一年早いなぁと思う今日この頃です。
先日のりんご、気に入っていただけてよかったです!

Posted by: miya | 02 December 2008 at 12:48

●こまさん
すっかり遅くなってしまいましたが。。
ご無沙汰しています、お元気ですか?
ブログがなくなっていて、どうされたのかなとずっと気になってました。

そうなんです。でも新しい場所も、すぐ近くなんですよ。
すっかりお店らしくなってしまいました。
とてもゆったりとした良いスペースですよ。

Posted by: miya | 02 December 2008 at 12:53

●しま子さん
すっかりお返事遅くなってごめんなさい。
ブログ復活されていて、ひそかにほっとしている私です。
おいしいパンでチャージ完了!ですね。^^

前の場所は色々思い出があったので、今でもがらんどうになった旧店の前を通るたび、なんとも言えない気持ちになります。
でも新しい場所もとてもいいですよ~。
もう寒くなってきたので厳しいかもしれませんが、裏のデッキがとても心地よいですし、大きなテーブルを囲むのはやはりよいです。
アントワープのLe Pain Quotidienに行ったときそう思いました。
いつか、しま子さんとあのテーブルでスープでもご一緒できたらいいですね。

Posted by: miya | 02 December 2008 at 12:57

I am reading your blog in english with google translation! but sometimes the translations are awkward. the pots pictures are great. Thanks.

Posted by: Michael Kline | 27 October 2009 at 23:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30727/42584128

Listed below are links to weblogs that reference Thank you:

« 桜 3 | Main