Thank you

ビオミッシュ


最後のパンは、絶対これにしようって決めていた。

このパンには色んな思い出がぎっしりと詰まっていて、
一口噛み締めるごとに、少しづつ記憶ががよみがえってくる。
最後の日に焼かれた大好きなパンを食べながら、一人思い出し、噛み締めた。

「終わりは、はじまり」
昔好きだったartistがこう歌っていたっけ。

大好きだったこの場所はもうすぐなくなってしまうけれど、
これからがはじまり。
悲しんでいる暇なんてないんだよね。

今まで本当にありがとう。
そして、これからも、どうぞよろしく。


| | Comments (7) | TrackBack (0)

stars in the winter sky

冬にはなぜかどっしりとしたパンが食べたくなります。
あったかい料理が恋しくなるせいか、それともそんなパンたちから力をもらいたいからか。

ameen's oven のこの冬のパンは、見た目にはどれも地味かもしれないけれど、
味わい深くて、この寒い冬を乗り越えていく力をくれる、そんなパンたち。



ameen's oven はしばみとなつめの黒パン


大好きなはしばみとなつめの黒パンも、すっかり冬の定番に。初めて出会ったのは夏だったのに、ね。時間をかけて一切れ一切れ、いとおしくいただきました。



ameen's oven 青いケシの実のバゲット


青いケシの実がびっしりとついたバゲットも、あのざくっとした全粒粉の食感と
青ケシのバランスがとてもよくて。(やっぱりパンでけしをぬぐって食べるのだけど)



ameen's oven ロッゲンブロート


そして、この冬の「はじめまして」、のロッゲンブロート。
黒くてどっしりしたパンの周りにはポピーシードやオーツ押し麦がぎっしりとちりばめられていて、
まるで冬の星空のようだなと思った。
・・・実際ここではこんなにたくさんの星を見ることは出来ないけれど!
外はしっかりと焼かれているけれど、カットすると中はしっとりとしていて、
そしてシードやフレークの粒々が見た目にも食感的にも楽しい。
何日もかけて、ゆっくりゆっくり、楽しんだ。



ameen's oven ロッゲンブロート


ある夜は、「寒い夜、ポトフと共にどうぞ」と書いてあったのでポトフにするつもりが時間がなくて、冬野菜をさっと煮込んで豆乳スープを作ってロッゲンと共に。
とろりととろけた蕪と、まだ食感の残る蕪の葉、そして濃い目の豆乳がこっくりとしていて、1人寒い夜だったけれど、心からあたたまった。

そして、またある夜は、根菜と鶏肉をゆっくり煮込んだスープ。
駅から寒い中駆けつけると、奧からとてもいいにおいがしていて・・・あれはスープのにおいだったんだ!
そしてルッコラと紅大根のサラダにオリーブオイルをかけて。
冬の根菜たちと、ロッゲンブロート、とても地味だけれど、滋味あふれる夕食。

フレークやシードなどがぎゅっと詰まったロッゲンブロート。
心の中の小さな気持ち、ばらばらになってしまいそうな想い、
風に飛ばされてしまいそうなもの、そんなものを全てぎゅっ、ぎゅっと包んで
「大丈夫だよ」と、最後に星たちでぎゅっとhugしてくれたような。
この寒い冬も、冷たい風も、ちゃんと乗り切れる、そんな気がします。
ありがとう。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

taste of autumn

気がつけばもう11月。
10月に入った途端、何だか急に冷え込んできて
一気に秋の足音が聞こえてきたと思ったら
夕暮れの訪れは早く、もう冬はもうすぐそこまできているような、
そんな気配すらする今日この頃。

秋になると、美味しい紅茶が恋しくなります。
・・・もちろん、年中飲んではいるのですが、
今からの時期の紅茶、たっぷりのミルクティは
心も体もあっためてくれる、そんな気がするから

我が家のストックもそろそろ寂しくなってきて
(いただきものは色々あるのですが、やはり自分の好みのものも
手元に置いておきたい・・・)
近くなのになかなか行けなくてヤキモキしていたuf-fuさんに
先日久しぶりに足を運びました。

ちょうど入荷したばかりのアールグレイを出しているところで
お店の中はアールグレイのいい香りがたちこめていました。

「久しぶりですからゆっくり選んで行ってくださいね」と言っていただき
大西さんとお話しながらあれこれと香りをかがせてもらって、何種類か買うことに。
大好きなウヴァは、もうすぐ入荷なんですよ、とのことで、
じゃあ入荷したらまた来ます!と宣言しましたが・・・(もう入ったのかなぁ?)

今朝に飲んでいるのはディンブラ・ラクサパナ。
しっかりとした水色で、かなり力強い味です。
香りもよく、茶葉の香りをかいでうっとりしています(笑)。
ストレートでも美味しいのだけど、ミルクにするととても美味しい。
1杯目はストレートで、2杯目からはミルクで・・・かな。

uf-fu シナモンティ

そして夜冷え込んだ時に飲むのが、シナモンティとジンジャーティ。
シナモンとジンジャーがそれぞれブレンドされているのですが、
このシナモンとジンジャーが、とても美味しい!
シナモンは甘い香りでほっとする感じ。

uf-fu ジンジャーティ

ジンジャーは、あの爽やかでつーんとした香りがとても生きていて
ドライとは思えない香り。
どちらもミルクティで。体がほっとあったまります。

ameen's oven ミレットスコーン

そしてミルクティのお供は、今の時期はやはりこれ。
ameen's oven の、ミレットスコーンと、和栗のスコーン。

ameen's oven ミレットスコーン

ameen's oven のスコーンは、いわゆる普通の英国スコーンとは違って
外はガリっと、そして中はほろほろとくずれる感じ。
ミレットスコーンは、アマランサスのプチプチした食感と
中の生地の自然な甘さがとてもあっています。

ameen's oven 和栗のスコーン

そして今年初めましての、和栗のスコーン。
和栗をパンコウバでひとつひとつ丁寧に渋皮煮にしているそうで、
その栗がたっぷり入っています。
栗の自然な甘さと、生地の食感がとてもあっていて、
ミレットとはまたちょっと違った美味しさです。

ameen's oven 和栗のスコーン

どちらも、焼かれたその日に食べると、焼き戻さなくても十分美味しい。
何もつけないでそのままが一番美味しいような。
そして、ミルクティにとてもあいます。


美味しいスコーンと、あったかいミルクティ。
きゅうっとしていた心をほぐしてくれるような。

* * * * *

日記をお休みしている間に、愛用のデジカメが壊れてしまいました・・・。
もう6年3ヶ月も使っていて、古い割にはいい写真が撮れて
とても気に入っていたのでショックです。
そして買った新しいデジカメ、どうもまだ馴染めていないので
(といっても同じIXYなのですが、何せ古かったものですから・・・)
いまひとつまだいい写真が撮れません。
これから徐々に慣れていく・・・でしょうか。


| | Comments (14) | TrackBack (0)

new camera

ameen's oven ノルマンディ・ライ


先日、ついに買ってしまいました。

前々から、そのうち欲しくなるだろうなぁと思っていて、
最近「欲しいなぁ」と思っていた、デジタル一眼レフカメラ。
ボーナスも出ることだし・・・ということで、思い切って。

何分一眼デジカメは初めてなので勝手が良く分からず、
銀塩の一眼レフとも扱い方などが違うので、
店頭で少し触っただけではどうもよくわからない・・・
なので、ある程度予算と機能でしぼって、幾つか目星をつけて
その中で持ってみて相性のいいものを・・・ということで触ってみたのですが
このカメラが一番持ってしっくりきたのと(結構フラットな作りなのです)
なによりとにかく軽い!ので、思い切って決断。
オリンパス E-410です。

まだまだ使い方が良く分かっていないので試行錯誤ですが・・・

最近一眼でも少し足を突っ込んでいるモノクロ写真で、
パンを撮ってみました。
大好きな、ameen's oven のノルマンディ・ライ。
この表面の縞模様が、いい感じですね。



ameen's oven normandie rye


食べ物をモノクロで撮るというのはどうかなと思ったりしたのですが
色々試してみると面白いものが撮れそうな気がします。
とはいえ、まだまだまだまだ・・・ですが。

このameen's oven のノルマンディ・ライ、
大好きなビオミッシュのしっかりした食感と酸味とはまた違って、
シードルが入っていることもあって適度にしっとり、
そしてカットした断面からほのかにシードルの香りと酸味が香るのですが
熟成させている間にまた味わいが増して、毎日美味しく食べられる。
表面のしっかり焼かれた感じと粉の風味がまたよくて。
お料理ともあわせやすいし、サンドウィッチにもあうし。
大きいパンですが、気がつけばなくなってしまっていて・・・。
定番化されて、密かに嬉しい私です。
次はまた夏のパンたち
今年はまたはじめましてのパンもあるので
新しいパンたちと、一年ぶりのパンたちに会うのが今から楽しみなのですが。


・・・しかし、デジカメの設定が良く分かっていないので
カラーモードにすると、何となく美味しそうに写る設定がまだ分からないのです。
何だかあまり美味しそうに写ってなくて・・・
思うように撮れるようになるには、まだまだ時間がかかりそうですが
やっぱりコンパクトにない楽しみはありますね!
これから仲良くなっていきたいと思います。
どうぞよろしく、E-410。

ameen's oven 発芽小麦のパン・大麦

| | Comments (6) | TrackBack (0)

春待ち

久々に、パンの日記を。

今年は暖冬だったせいか、待ちわびるまでもなく春の足音が聞こえてきた気がします。
それでも、まだまだ寒い日もある。今日みたいに冬に逆戻りしたような日も。
ameen's oven の酒種の春待ちパンたちを食べていると、春を待ちわびる、
あのわくわくした、あたたかい気持ちが胸にふっと灯ります。

・・・本当は、春の足音と共にやってくる花粉がつらくて、
以前ほど楽しみな季節ではなくなっているのですが、
それでもやはり春はいいですね.

ameen's oven 酒種BREAD 丸パン●酒種BREAD 丸パン

手のひらにすっぽりおさまるサイズの丸パン3兄弟。
外はしっかりと焼かれていて、中はしっかり食べ応えのあるパン。

ameen's oven 酒種BREAD 丸パンシンプルなだけに、キビ甘酒のほんのりとした甘みが香ります。
何かはさんで食べようか・・・と思っているうちに、なくなってしまいました。
和食にもあうパン。


ameen's oven 酒種BREAD ブラックソヤビーンズ ●酒種BREAD ブラックソヤビーンズ

大きな黒豆がたっぷり入った、酒種のパン。
丸パンと比べてとてもやさしく柔らかい。中に入れるものや形で
随分違うんですね。しっとりしていて、やさしい味。
なにもつけずにそのままで。

ameen's oven 酒種BREAD  ジンジャー●酒種BREAD ジンジャー

ほんのりとキビ甘酒の甘みの香る生地に、ぴりりと生姜がアクセントに。
そしてほのかに香るシナモン。
生地もしっとりもっちりとした食感で、表面の焼けた部分とのコントラストもいいのです。

ameen's oven 酒種BREAD  ジンジャーそのままでも美味しいし、はちみつをぬっても美味しいし、
これも和食にあいますね。
この3つの中では一番好きかなぁ・・・もちろんどれもそれぞれに好きなのだけど。

酒種は3種類あるけれど、どれもそれぞれに表情が違って楽しいです。

そして、酒種以外にも、新しいパンが。

ameen's oven ノルマンディ・ライ

●ノルマンディ・ライ

ノルマンディ地方名産のシードルが練りこまれた、大きなパン。
ライ麦とシードルの香りがとても印象的です。
周りはしっかり焼きこまれていて、その香ばしさもいい。


ameen's oven ノルマンディ・ライこういう大きなパンは、手に持って、そしてカットしていると
何だか心がゆったりするようで、やはりいいですね。
ameen's の大きなパンと言えば、ビオミッシュがあるのですが
ビオミッシュはしっかりとかみ応えがあって、かむ毎に滋味深い美味しさが
じわじわと増してくるパン、
そしてこのノルマンディ.ライは、比較的やわらかくて、でもしっかりと
ライ麦が香り、そしてシードルも香り立つ感じ。
定番になるといいなあ。


●番外編
土曜のコウバ直売の、この日だけの限定だったパンたち。

ameen's oven 甘酒のクグロフ・甘酒のクグロフ

上にちりばめられた桜の花が、ひなまつりらしさをかもし出してます。

ameen's oven 甘酒のクグロフ甘酒生地のほのかな甘み、そしてカレンズの甘み、チェリーの酸味が
不思議な調和で美味しかった。少し表面だけ焼いてもいい。

ameen's oven 黒豆のベーグル・黒豆のベーグル
これもひなまつり限定。黒豆のベーグルは初めて!

ameen's oven 黒豆のベーグルソヤビーンズと比べるとしっかり、もっちりしていて美味しかったです。



* * * * * * *

そういえば、去年はこのジンジャーに泣かされたんだっけ・・・
その時の日記を今読み返して、そして今の状況を改めて見つめ、
"Variety is the spice of life"
・・・ああ、ホントにそうだな、と感慨深く思った。

今年のジンジャーも、酒種のほんのり甘い生地の中に生姜がぴりりと効いているけれど
今年は、今の私は、もう泣かない。
はちみつの力もなるべく借りない。
(もちろんはちみつがほしくなる時もあるけれど!)
客観的に見れば、今の状況は決して良くないどころか
先が見えず、時にどうしたらいいか途方に暮れてしまうのだけど、
このパンの、やさしい中にある力強さを、しっかりとかみ締めて味わっていると
きっと乗り越えられる、そんな気がしている。

もう 春はすぐそこだもの。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

大地の実り

もう秋のパンどころか冬のパンも終わってしまいましたが、前の日記で書くと宣言していたので、年をまたがないうちに書いておこうと思います。

ameen's oven の秋のパンたちは、野菜を使ったパンたち。
1年ぶりなパンたち、そしてはじめましてなパン。

ameen's oven パンプキントーストパンプキントースト
とにかくこの切り口の色が鮮やかで素敵なのです。水分の多いかぼちゃがたくさん練りこまれているので、生地はとてもみずみずしく、しっとりとかつもちっとしていて美味しい!所々に見えるにんじんとレーズンが味のアクセントになっています。そして、上にトッピングされているかぼちゃの種が可愛らしく美味しい。

ameen's oven GO-BOコンプレGO-BOコンプレ
去年初めて見たとき、「ご、ごぼう?パンに??」と驚いたものですが、食べてみるとコンプレ生地にうまくあって、生地のざっくりとした食感にささがきの牛蒡、そして胡麻がいいアクセントになって、見た目にとても地味ではありますが、かみ締めるごとに土野菜の滋味深い美味しさがじわじわと沸いてきます。

ameen's oven GO-BOコンプレ和食にも赤ワインやシチューにもあう美味しさ。

ameen's oven ミレットスコーンミレットスコーン
これも一年待ちわびていたスコーン。
普通のスコーンとは違って、外は硬めでざっくり、ほろりと崩れる感じがいい。
少しあたためて、外をかりっとさせるとまた良い感じ。
そしてこれはコウバ直売限定だった、カレンズスコーン。
カレンズが入るとまた食感や味が違って美味しい!
自分で作るスコーンとは全然タイプが違うけど、これはこれでとても好き。
いつか、自分でも作ってみたいな。

ameen's oven 胚芽ハードロールそして、この秋はじめまして!の、胚芽ハードロール。
見た目にとてもシンプルなロールですが、外はしっかりとしていて、中は少しハードな食感で、かつもっちりとしています。

ameen's oven 胚芽ハードロールシンプルなだけに生地の美味しさを堪能することが出来る。食感も味も美味しくて、そしてしっかりとかみ応えのある、ameen's らしいロール。

ameen's oven クロワッサンそして・・・
お帰りなさい、の、クロワッサンたち。
ameen'sでは秋から春の約半年間しかクロワッサンを作らないので、
いつもこの秋のパンたちとともにクロワッサンたちが戻ってくるのを楽しみにしているのです。

ameen's oven ゴルゴンゾーラクロワッサン酸味があって、ざっくりとしていて、他にはないameen'sのクロワッサンたち。
手のひらにすっぽりおさまるかわいいサイズだけど、しっかり食べ応えがあって、大満足なのです。
プレーン、ゴルゴンゾーラ、そしてクロカント。それぞれに表情が違って、どれにしようか悩んでしまうのがつらいところ。

秋の大地の実りのパン、晩秋の肌寒くすら感じる日には、心も体も温めてくれるような、力強く優しいパンたちです。
また来年。

* * * * *


冬のパン、そして山食スペシャルについてはまた改めて。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

コウバにて

先週の ameen's oven のコウバ直売にて出会った、その日だけの特別なパン。



ameen's oven


かぼちゃが練りこまれた、はっと目が醒めるほど美しい色の生地の中には、さつまいもの餡が隠れていました。
さつまいもは、ほんの少しだけはちみつが入っているそうで、さつまいも自体のほっこりとした甘みがやさしい。
かぼちゃの生地とうまくあって、また上にのったパンプキンシードがアクセントになり見た目にもとても可愛らしい!
なんだか半分に割るのがもったいない気がして、しばし眺めてしまいました。



ameen's oven


秋晴れの朝、手でちぎったパンを口に入れると、じわっと優しい味が口の中に広がって、何だか肩の力がふっと抜けた気がした。
ささくれ立っていた心も、ふんわりやさしく、でもしっかりぎゅっと包んでくれるような、心に優しいパンでした。でもこれも一期一会のパン。

他の秋のパンたちはまた後日・・・。

eriこの日は店先でeriさんの消しゴムスタンプ etc. パン小物のお店もopen! 
ばたばたしていて写真を撮りそびれたので、GWの直売のときの写真をのっけてしまいますが(eriさんごめん!)、とにかくどれもかわいくて、色んなところにどんどんスタンプをおしてしまいたくなる!(実際子供が試しにペタペタおしていました)

eri他にもレターセット、ポストカード、オリジナルバッグなどが店先に並んでいました。ラッピングも素敵ですよね。
どれもひとつひとつ手作りなのですが、eriさんのパンが好きっていう気持ちがあふれていて、そしてほんわかと優しいものたちばかり。


eri写真のものは今までに買ったものです。このパンブローチもかわいいの!
またコウバ前で出会えるといいな。


*11月8日(水)~11月20日(月)、神戸・cofuque cafe で「eri exhibition hitsuji biyori ~ひつじ日和」という個展をされます。
大好きなひつじからイメージをふくらませた、あったかな雑貨たちが並んでいるそう。
秋の一日、ふらっと栄町までお散歩がてらcofuque cafe へ・・・かわいいひつじたちに会いに出かけてみませんか。
cofuque cafeはこちら↓
http://www13.plala.or.jp/cofuque/

| | Comments (4) | TrackBack (0)

signs of autumn

ameen's oven


この秋の ameen's oven のファッロのパンたちも、これで3回目。そしてコウバでファッロに会うのもこれで2回目。
秋色のファッロたちへの懐かしさと、一年ぶりの再会の楽しみに胸をわくわくさせながらコウバに向かいました。

いつもなら9月の末ごろまで真夏の蒸し暑さが続く関西なのですが、今年は9月に入ってすぐに涼しくなり、まさかこのまま夏が終わるなんて、ね・・・と思っていたら、本当にこのまま終わってしまいそう。今年の夏は意外とあっけなかったような。
そして、一年で一番好きな秋の訪れを感じるようになった今日この頃(以前は春秋だったのだけど、花粉症を発症してからは・・・。)、夏のパンたちもどれも個性的で美味しかったのだけど、涼しくなると秋のパンが恋しくなるものですよね。

スペルト小麦については去年の日記で触れているのでそちらを見ていただくとして。とにかく、普通の小麦とは味も香りも違うように感じます。パンの色もしっとり秋の色。見ているだけで何だか気持ちもしっとりと落ち着くような。

ameen's oven ファッロ

ameen's oven ファッロ・ファッロ
本当にシンプルな、スペルト小麦の味がダイレクトに愉しめるパン。

ちょっと乾いたような食感ですが、かみ締めるごとにスペルト小麦のコクある美味しさがじわじわと増して、飽きの来ない、いつまでもかみ締めていたい、味わい深いパンです。

ameen's oven ファッロこのクープがまた素敵。カットするのがもったいないような。

ameen's oven リンゴのファッロ・リンゴのファッロ
ドライアップルとはちみつ、白胡麻の入ったファッロ。
ドライアップルのほのかな酸味と、酵母の酸味、それに蜂蜜の甘さと白胡麻がアクセントになって、不思議な、でもとても素敵なハーモニー。

ameen's oven リンゴのファッロ去年より何となくしっとりとして美味しくなっているような気がします。それにしても入れるものが違うとこんなに味わいが違うんですね。見た目もどことなくトマトのようで、シックなんだけどなんだかかわいらしい。

ameen's oven 木の実のファッロ・木の実のファッロ
アーモンド、カシューナッツ、胡桃、ヘーゼルナッツ、サンフラワーシードが入ったファッロ。切り口にも木の実がたっぷりです。

ameen's oven 木の実のファッロ定番にあるカンパーニュノアと比べると、カンパーニュは生地にくるみが優しく馴染んでもちっとして地味だけど美味しい、そしてファッロは生地自体のナッツのような風味とナッツ類がうまく同居していて、いろんな種類のナッツがとにかく楽しい。

ameen's oven パタト・パタト
さつまいもが混ぜ込まれた、ちょっともっちりと蒸しパンのような感じもあるパタト。ディルと白胡麻、黒胡麻がアクセントになっています。

ameen's oven パタト少しづつスライスしてそのままおやつ代わりに食べるのもおいしいし、少し表面を焼いてかりっとさせて食べるのもいい。


ameen's oven いちくるスティックそして、ファッロたちではないけれど、今回初登場のいちくるスティック。お馴染みのいちくるバンズがスティックになったものなのですが、スティック状にしてひねっているだけなのに、随分と食感が違う!
もっちり、かつぽりぽり。

ameen's oven いちくるスティック
いちくるバンズももちろん好きだけど、このスティック、いいです。少しづつちぎって食べていると、何だか止まらなくなってしまう感じ。これは是非、カットせずに、手でちぎって食べてほしいな。

夏のパンたちと比べると、見た目にはどれも地味で控えめな秋のパンたちだけど、口にするとその味わいがかみ締めるごとにじわじわと広がって、滋味深いパンたち。一年越しの再会に、このファッロのパンたちの美味しさを再び味わうことが出来てよかった、そう思いました。

昼間はまだ暑さが残るけれど、朝晩はひんやりと秋の空気が漂う9月、秋色のファッロのパンたちで秋の訪れを改めて感じた日でした。

また来年の初秋にも、その次の年も、ここでこの秋のパンたちに出会えますように。

ameen's oven

*先週から土曜日限定でコウバ直売も始まっています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

taste of summer

ameen's oven summer


梅雨の最後で雨の日が続いているけれど、梅雨が明ければ本格的に夏。
夏、、、一番嫌いな梅雨に続いて、あまり得意な時期ではないのです。
暑さもそうだけど、ムシムシするのが苦手なので。

でも、こんな元気なパンたちを食べたら、何だか夏を乗り切れそうな気がしてきませんか。

夏のameen's oven のパンたち。
暑い暑いコウバの中も、いつもより明るい色のパンたちが並んでいました。

sunflowers in Bombayサンフラワーズ・イン・ボンベイ
今までと違って黄色いサンフラワーズ!ターメリックが入っているので、こんな黄色なのだそうです。見た目に夏、という感じですよね。

sunflowers in Bombayそして、ひまわりの種と共に入っているのは、ニジェラ。黒い、ゴマのように見えているのがニジェラです。
このニジェラはスパイスなのだけど、その花は(少し品種は違うみたいですが)以前日記に書いたニゲラ=Love in a mist 、私の大好きな花。この花から出来た種がこのスパイスになって、このパンの中に混ぜ込まれているなんて、何だか不思議な感じがします。
いい具合にスパイスが効いていて、ひまわりの種がそれにうまく馴染んでいて、夕暮れに外でビールを飲みながらぽりぽりと食べたくなる感じ。海を見ながらなんていいなぁ・・・実際はそうもいかないけど、思いだけ馳せて。

pan con tomateこのパンを見ると、ああ夏だな、って思う、おなじみのパン・コン・トマテ。

pan con tomateコーンフラワーが入って、トマトが練りこまれたほんのりピンクオレンジの生地の中からセミドライトマトが顔を覗かせるのを見ると、ああ1年ぶりだな、久しぶりだね!って思うのです。
今年のトマテは、去年より少しやさしい感じがするのは気のせいかな。

バナナップルライバナナップル・ライ
これは今までのameen's のパンにはなかったような感じの楽しいパン!
ライ麦の生地に、ラム酒に漬け込まれたドライバナナがごろごろ入っていて、上にはドライパイナップルがのっかっています。

バナナップルライドライバナナはうまく生地に馴染んでいい食感、そしてパイナップルの酸味と食感が面白い!是非パイナップルとバナナのところを一緒に食べてください(パイナップルだけ別にしないように)。

ラスク・デ・チャイそしてこれもお久しぶり、ラスク・デ・チャイ!
このラスクを見ると、初めてコウバに来たときのことを思い出すのです。
(HPの方をご覧いただいた方は思い出されるでしょうか、あの写真)
もうあれから1年なんだなぁと、しみじみ思ったりして。
スパイスの効いたハードトーストに、スパイスとココナッツのはちみつペーストが塗られていて、このスパイス感がとてもいいんです。チャイと一緒でもいいし、プレーンな紅茶と一緒でもいいかもしれない。とにかく手が止まらなくなる美味しさ。はまります。

フィセル・オー・シマトウガラシそしてそして、、、
これがまた意外なパン、フィセル・オー・シマトウガラシ!
シマトウガラシ、見せていただいたのですが、とても小さくて可愛らしい。

フィセル・オー・シマトウガラシ
パンの切り口も、ほんのりピンクなのですが・・・。
でも・・・その実、とてもとても、カライのです。。
フィセルにもそんなに入っているようには見えないのだけど、口に入れると・・・きます。。ピリピリします。。
でも、夏には心地よい辛さで、これ、かなり気に入りました。


いつもに増して暑いコウバも(真夏日だったこの日の外と気温が変わらないぐらい!)、
この夏のパンたちで、明るい雰囲気が漂っていました。
とはいえ暑い中のパン作り、とても大変だと思うのです・・・。
この夏のパンたちも、そんなコウバで生まれた大事な大事なパンたち。
そんなコウバに思いを馳せつつ、大事にパンを作ってくれる人たちに感謝して、いつもに増して、ありがたくいただきます。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

apricot といえば。



ameen's oven 発芽小麦のパン・杏


先日いただいた ameen's oven の初夏のパン。

ameen's 発芽小麦のパン・杏長くねじられた発芽小麦や大麦、亜麻仁の種の入ったざっくりしたパンをカットすると、その切り口からはこんなにみずみずしく大きな杏が顔を出します。
ドライアプリコットってそんなに馴染みがない気がするのですが、このアプリコット、本当にドライ?と思うほど、中がとろりとしていてジューシーなんです。「ちょっとジャムのよう」と紹介されているけれど、普通のドライフルーツでこういう感じはないですよね。
そのとろり感と自然な甘さが、ざっくりとした発芽小麦のパンにうまくあってます。

ameen's 発芽小麦のパン・大麦発芽小麦のパン・大麦。こちらはプレーンタイプで、形はタバチェのよう。
生地に練りこまれた大麦や亜麻仁の食感が楽しくて、ざっくりしていて味があって、かみ締めているうちに前向きなパワーが出てきそうな感じです。



ameen's キャロブ&雑穀ベーグル

そして、今回の季節のパンには珍しくベーグルたちも。このベーグルには、きび甘酒酵母を使っているのだとか。
年明けの酒種シリーズから続いているこのきび甘酒酵母のパンは、とてももちっとした食感が印象的なのですが、ベーグルととてもあうように思います。いつものベーグルよりぷっくりしたルックス、見ているだけで心がふっくら、丸くなりそうですよね。
左のキャロブのほうはほんのりとしたキャロブの甘さの中にレモンピールが効いていて、とてもさわやか、かつもちっとしていて美味しい。そして右の雑穀ベーグル、雑穀パンとはやはり食感も味も違って楽しい。


これから梅雨、そして夏ももうすぐ。
こんな体に元気をくれるパンたちを食べて、一番苦手な梅雨に備えましょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ameen's oven | Bread | Cafe | Camera/photo | Delicious | Music | NATURA | Tea | Travel | UK | Zakki |