Thank you

ビオミッシュ


最後のパンは、絶対これにしようって決めていた。

このパンには色んな思い出がぎっしりと詰まっていて、
一口噛み締めるごとに、少しづつ記憶ががよみがえってくる。
最後の日に焼かれた大好きなパンを食べながら、一人思い出し、噛み締めた。

「終わりは、はじまり」
昔好きだったartistがこう歌っていたっけ。

大好きだったこの場所はもうすぐなくなってしまうけれど、
これからがはじまり。
悲しんでいる暇なんてないんだよね。

今まで本当にありがとう。
そして、これからも、どうぞよろしく。


| | Comments (7) | TrackBack (0)

桜 2

Sakura 2008-2



Sakura20083

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Sakura 2008


| | Comments (0) | TrackBack (0)

new year

マハコハン


バタバタとしているうちに、新年を迎えてしまいました・・・。

去年は、本当に色々あった一年でした。

この先一体どうなるのか自分でもわからなくてつらいけれど
少しでも明るい光が見つけられたら・・・そう思います。

写真は、自分へのクリスマスプレゼントとして買ったボトル。
私の大好きな色です。
見ているだけで心がクリアに澄んでくるような・・・

少しでもこのボトルの色のような澄んだ気持ちになれますように。



* * * * *


すっかり更新できないサイト+日記になってしまいました・・・
こんな私ですがどうぞ今年もよろしくお願いいたします。
皆さんにとって穏やかで愉しい一年となりますように。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

luminarie

luminarie 2007


今年もルミナリエがはじまりました。

毎年必ず見ることにしている初日の点灯式、
今日も滑り込みセーフで見ることが出来ました。

まだこの新しいデジカメに慣れていないので、
ルミナリエの写真も何となくイマイチのものばかり撮れてしまいました・・・がっくり。。
またもうちょっと色々設定をいじってみるつもりです。
(今度はデジタル一眼を持っていってみようかな)

●過去のルミナリエの日記はこちら
 2004年 
 2005年 
 2006年 

今年は始まるのも終わるのも少し早くて、今日から17日までなのだとか。
関係ないとはいえ、何となくクリスマスより1週間早く終わってしまうとさびしい感じがします。



luminarie 2007


ルミナリエが始まると、ああもうあれから何年経ったんだなぁ・・・と思います。
ルミナリエは今年で13回目。もう13年も経つんですね。
毎年この時期にこの光を眺めながら、色んな事を思い出します。

光が人々の心に与える勇気、元気、そしてあたたかさ・・・
この寒い時期だからこそ、身に染みる光。



luminarie 2007


今日は時間がなかったので、ゆっくりと愉しむことは出来なかったのですが
また会社帰りにゆっくり歩いてみるつもりです。

ルミナリエのサイトはこちら 



luminarie 2007


| | Comments (4) | TrackBack (0)

かもめはかもめ

Dandelion


仕事で郵便局へ行く途中、
スクランブル交差点を渡ると、
歩道の端の花壇の真ん中に
向日葵が一本植えられているのが目に入った。
背はそんなに高くなくて、ひょろりとしていたけれど
もうすぐ花が咲きそうな感じだった。

それを目にした途端、ふっとある事を感じた。

以前にも日記に書いたことがあるけれど
ある時、「たんぽぽのような人になって下さい」と言われたことを
なぜだか、この向日葵を見て急に思い出した。


たんぽぽは 向日葵にも 薔薇にもなれない。
その蕾が開いたとしても
向日葵のような人をぐっと惹き付ける明るさも
薔薇のような可憐な美しさも
牡丹のような華麗さも
チューリップのような可愛らしさも
たんぽぽには、ない。

ただ、地面に近いところで、ひっそりと
地に葉を這わせて 小さな黄色い花を咲かせて
そして綿帽子になって そっと風に身を任せて
気がつけばどこかに飛んで行ってしまっている。
ただ、それだけ。

この写真も、今年桜を見に行った時に撮ったものだけれど
あの場所で このたんぽぽに気づいた人は
果たしていたのだろうか?
きっとみんな満開の桜の美しさに惹かれて
このたんぽぽには気づかなかったんだろうな・・・
みんなが桜の写真を一生懸命撮っている中で
足元のたんぽぽの写真を撮っていた私は
少し変だったかもしれない。
でも、なぜか、そのたんぽぽたちから目が離せなかった。


ふと、昔好きだった歌を思い出した。
かもめ は かもめ
孔雀や鳩や ましてや女にはなれない、と。
(そういえば今日は元々「海の記念日」だったなぁ)

たんぽぽ は たんぽぽ
たんぽぽは 向日葵にも薔薇にもなれないけど
比べて、羨んだところで、どうしようもないんだ。
どんなに背伸びしたってジャンプしたって、
どう転んだって、たんぽぽはたんぽぽ。
ただ、たんぽぽなりにしっかりとたんぽぽの花を咲かせて
生きていくこと。それが大事なのだと。
・・・分かってはいるけれど、
つい他の花の魅力に目がいってしまいがちな私は
まだまだ分かっていないんだろうな・・・。

たんぽぽは たんぽぽである自分を受け入れて
その上で前を向いて生きていかなくてはいけない。
今の私にはまだまだ難しいみたいだ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

once in a blue moon

blue moon

もう日付が変わってしまったけれど・・・

昨日の満月は、blue moon.
同じ月に2度満月を見られるというのは、非常に珍しいことなのだそうで、
その2度目の満月を blue moon と呼ぶのだそうです。
英語に once in a blue moon という言葉があって
「滅多にない」という意味なのですが、
このblue moon も滅多に見られないものであることから
見た人は幸せになるとも言われているそうです。

今夜の月は blue ではなくて、やわらかいオレンジ色。
何かいいことあるといいな。

*下は昨日の夜撮ったものです。

Blue_moon

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨のあと

Sky

梅雨に入ったとはいうものの、ここ暫くはあまり梅雨らしいお天気ではありません。
今日も雨の予報が、朝起きたら外は日差しがきつく蒸し蒸し・・・
お気に入りの折りたたみ傘を持って出かけたものの、
使わずにすむといいなぁと思っていたのですが、
仕事を終えて外に出ると、雨・・・

途中強く降っていたので、駅からの道のりは傘をさしても濡れるだろうなと
思っていたら。

駅を出たら、雨はあがっていて、
空は不思議な色。
雨雲のグレイ、夕暮れのピンク、空の淡いブルー・・・
これらの色が混じりあって、何ともいえない美しい空でした。
カメラを持っていなかったので、携帯で撮ったのですが
こうして切り取ると、まるで印象派の絵のようです。

雨の後には、明るい空が。
心が少し明るくなった夕方。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Candle Night


Candle


今日は三日月。そして明日は夏至。
少し前からよく耳にするようになった「キャンドルナイト」。
今年も夏至の日、6月22~24日夜、8時から10時の2時間、
「みんなでいっせいにでんきを消しましょう」と呼びかけています。

電気の光に慣れてしまった私たちには、ろうそくの明かりで過ごす夜は
ある意味新鮮なもののような気がします。
日本にいると、帰宅してからも蛍光灯の明るい部屋でいることが多いので、
ヨーロッパに行ったときには、その暗さに最初違和感すら覚えることがあります。
慣れると、その方が心地よかったりするんですけど・・・

台風で停電になった夜、ろうそくの明かりがどんなに心強かったことか。
滅多に使わないろうそくを探して、右往左往したっけ・・・
普段あまり意識することのない、電気のありがたみも知りました。
そして、電気を消して、バースデイケーキの上に灯された
ろうそくの火を消すときのワクワク感。
あの火が消えた瞬間、真っ暗になったときの、あのドキドキ感・・・
ろうそくのあかりを見ると、色んなことを思い出します。

この写真のあかりは、みつろうで作られたろうそくのもの。
私はろうそくを作るイベントの方には参加できなかったのだけど、
神戸・北野のCAP HOUSEという、昔ブラジル移民を送り出した神戸移住センター、
今はさまざまなアートプロジェクトの場となっているそうですが、
その一室での、このろうそくのあかりのもとでのムビラのライブに
少しだけおじゃますることができました。
★ムビラはジンバブエの民族楽器です。詳しくはこちらを・・・


ほんのりとともる、やさしいはちみつ色のろうそくのあかりの中で
あのムビラのやさしく幻想的な音を聴いていると
まるで心がどこかへ飛んでいってしまったような、そんな感覚に陥りました。
座って目を閉じていると、ふわんふわんとどこかへ行ってしまいそうな感じで・・・
いつまでもこのまま聴いていたい、そんな音楽。

短い時間だったけど、そんな空間をシェアすることが出来て、愉しい夜でした。

夏至の夜、少しだけ電気を消して、ろうそくのあかりのもと過ごしてみようかな。
いつもより暗い部屋で、やさしいろうそくのあかりと共に
普段、慌しい毎日では気付かないこと、見過ごしてしまっていること、
流してしまっていること、大事なこと、
そして自分のこと、愛する人たちのこと・・・
あらためて見つめなおす、いいきっかけになるかもしれません。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Shukugawa桜2007


気がつけば 桜の時期も終わってしまいました。
時の過ぎるのは早いものです。

今年はあまりゆっくりお花見を楽しむ時間がなかったのですが
それでもすぐ近くに、桜を楽しむことのできる場所があるというのは
とてもうれしいことですね。
朝晩眺めては、今年の桜は咲くのが早かったなぁ、なんて思いながら
日に日に変化していく桜を楽しむことができました。

この場所の素敵なところは、
川が比較的小さいので、両岸から川に向かって流れ込むように咲く桜。
どうして桜って、こうして川に流れ込むように咲くんだろう。
いつも不思議に思うのです。

ここは何ヶ所か、川を歩いてわたることもできるので、
川の真ん中に立ち止まって流れ込む桜を愉しむ事もできます。
朝の川べりの散歩はとても気持ち良いです。



Shukugawa桜2007


今年は昼間にあまり写真を撮らなかったのですが
朝だとどうしても日陰になってしまって、暗い感じになってしまうのですよね。
そういう桜も好きなのですが・・・
なのであまりいい写真がなくてごめんなさい。


桜の時期になると、ああ日本人でよかったなぁと思ったりします。
こうして春の訪れの喜びを、桜とともに感じることができるのですから。

春、ですね。

Shukugawa桜2007


| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ameen's oven | Bread | Cafe | Camera/photo | Delicious | Music | NATURA | Tea | Travel | UK | Zakki |